アルガンオイルとは?肌にも髪にもすごい効果

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

日本でも最近話題のアルガンオイルは、モロッコ特有の樹木アルガンの実から抽出したオイル。

数世紀もの間、天からの贈り物としてモロッコの先住民族ベルベルの女性たちに愛用されてきました。

アルガン(学名:Argania spinoza (L) Skeels)はアカテツ科の樹木。モロッコ特有の植物で、モロッコ南西部の高アトラス地方の乾燥した不毛の地でも育つ、根が強い植物です。一般に、平地か山岳地帯のふもとの石灰質の乾いた土地に生息します。

果実をつけるのに3年ほどかかり、樹齢は300年!

アルガンの木は10メートルもの高さに達し、短く曲がりくねっ幹は硬い樹皮でおおわれています。
トゲのある枝には深緑色の薄い小さな葉をつけ、黄色もしくは白色の花が咲き、肉厚の実をつけます。

アルガンの実はプラムを小さくしたような形。

オイルは、オリーブに似た果実の種の仁から抽出します。

オイルの抽出は、昔から女性たちの手で行われてきました。

4月中旬~5月中旬に開花し、6~8月の夏場に実を収穫。

熟れた実をつぶして、種だけ取り出します。
種を割って出てきた仁を挽いて粉末状にし、圧搾してオイルを抽出します。

明るい黄金色のアルガンオイルは、ヘーゼルナッツに似た味。
ドレッシングや炒め物など、さまざまな料理に使われます。

スポンサーリンク

アルガンオイルの成分は?

アルガンオイルは、健康に良いといわれる不飽和脂肪酸のオレイン酸とリノール酸を多く含んでいます。

オレイン酸とリノール酸は、悪玉コレステロールを下げ、血管を元気にし、生活習慣病を予防する働きがあります。便秘を解消する作用も。
また、オレイン酸は人間の肌の皮脂を構成している脂肪酸のひとつで、美肌効果が高いのも特徴です。リノール酸は、肌をやわらかくする作用があります。

また、ビタミンEやポリフェロールも豊富です。

ビタミンEとポリフェノールはどちらも、老化の原因になる活性炭素を除去する強力な抗酸化作用を持ち、生活習慣病を防ぎ、若々しい肌と髪を守ります。

アルガンオイルは、昔から薬効があることで知られ、モロッコの伝統医療に用いられていました。

消化不良の改善や、身体の機能を正常に戻して元気を回復する働きがあるといいます。

さらに、傷や感染を治す作用でも知られ、水ぶくれ、やけど、リウマチの治療薬にもなります。

アルガンオイルの美容効果

アルガンオイルは、顔、髪、ボディと全身を美しくする万能オイル。

アルガンオイルのビタミンE(トコフェロール)は、すぐれた抗酸化作用で、皮膚の老化を遅らせます。

特にシワを減少する最もすぐれたオイルといわれています。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピです。アルガンオイルやボリジオイル、ローズウォーター、オレンジフラワーウォーターなどを材料にした秘伝スキンケアを紹介。ローズマリーなど保湿効果の高いハーブで、シワやたるみを防ぎ、若々しい肌を保ちましょう。

保湿効果が高いのも特徴。

粘土(クレイ)ガスールはモロッコ美容の手作り化粧品に欠かせない素材。ガスールの効能・効果と手作りパックを紹介します。洗浄効果のあるガスールはシャンプーに使われます。マグネシウムなどミネラルが豊富で、肌に浸透しやすく、美しい肌をよみがえらせます。

細胞に栄養を与え、乾燥を防ぎうるおいのある肌に改善します。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。栄養満点オートミールを材料にしたスキンケアを紹介します。食べるだけでなく、かゆみや皮膚の炎症を抑え、肌を清浄する働きがあるといわれ、ヨーグルトとはちみつを加えたパックはカサカサ乾燥肌をもっちり美肌に。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。アルガンオイルを材料にしたスキンケアの使い方をマスターしましょう。アルガンオイルは、皮膚細胞再生と抗酸化作用にすぐれ、若々しく弾力のある素肌を保ちます。ハーブやガスールと組み合わせることで効果がアップ。

また、ニキビや湿疹、ひび割れといった皮膚のトラブルにも有効です。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。モロッコの粘土ガスールを材料にした、大人ニキビ解消のパックを紹介します。ガスールは毛穴の汚れを落とし、皮脂分泌を調整するだけでなく、保湿効果もあり、大人ニキビに最適。バジルやナツメグを加え、スベスベ肌に。

ボディケアにも向いていて、なめらかで弾力のある肌にし、シワを防ぎます。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。アルガンオイル、アーモンドパウダー、シュガー、レモン、オートミールを材料にした、古い角質や汚れを落とすスクラブの紹介です。頭のてっぺんから足の爪先までキレイになる、基本の垢すりに加え、ゴマージュも大切。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。アルガンオイル、ガスール、ハーブを材料にした保湿効果のある美肌ボディパックの紹介です。モロッコ女性にとって全身パックは日常的なお手入れ。疲労を癒して元気回復のパック、気になる妊娠線やお腹のシワやシミ対策も。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。アルガンオイルやレモンを材料にした、首とデコルテのケアの紹介です。手軽な素材を使った簡単なシワとたるみ対策。レモンとオリーブオイルのゴマージュ、はちみつのマッサージ&パック、アルガンオイルのマッサージなど。

爪のケアにも適し、割れたり、傷んだりした爪に栄養を与え、丈夫にします。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。天然素材を材料にしたネイル&ハンドケアを紹介。はちみつ入りアルガンオイルでのマッサ―ジ。塩レモンの手浴ですべすべ肌に。傷んだ爪にはレモン、ひび割れにはクルミの葉を。牛乳ローションで白くしなやかな手に。

もちろん、ヘアケアにもおすすめです。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。バサバサ髪がしっとりまとまる、アルガンオイルを材料にしたヘアケアの紹介です。栄養満点のアルガンオイルは保湿効果が高く、美髪の強い味方。ショウガやクローブを加えたアルガンオイルのパックでツヤさら髪に。

髪だけでなく、頭皮にも効果があります。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。ガスールやアルガンオイルなど自然素材を材料にした、抜け毛対策ケアを紹介。抜け毛や薄毛の原因となる頭皮の乾燥を防ぎ、育毛促進します。オリーブオイルとレモンのパック、ローズマリーのローション、バナナのパックも。

アルガンオイルの使い方をマスターして、若々しい美しさをキープしましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク