モロッコの粘土ガスールでしっとり潤い肌に

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

モロッコの粘土(クレイ)ガスールは、モロッコ美容に欠かせないアイテム。

何の変哲もない“地味”なガスールですが、底力はすごいのです。

ガスールは、アラビア語で「洗う、きれいにする」を意味します。

モロッコでの一番よく知られた使い方は、シャンプーや石けん。
それ以外にも、顔や髪、全身のパックとして愛用されています。

ミネラル豊富な天然クレイ(粘土)は、太古の昔から傷を癒す治療薬として用いられ、エジプトでは、ミイラの腐敗処理に使っていたそうです。

クレイはミネラルの比率で色合いや性質が違います。
モロッコ特産のガスールは、一般的に灰色です。

ガスールは、13世紀ごろから採掘されてきたそうです。
かつての湖底に粘土や塩が堆積し、火山噴火などの地質変化も加わり、良質な粘土が生成されていったのです。

スポンサーリンク

ガスールの効果とは?

ガスールはスメクタイトと呼ばれる水溶性の鹸化粘土で、マグネシウム、シリカ(ケイ素)、炭酸塩といった成分で構成された美容効果が高いクレイです。

ガスールの最大の特徴は、マグネシウム量が20%以上と、他の粘土とは比較にならないほど多く含まれていること。
マグネシウムは細胞内の300以上もの酵素の活性化に関与するといわれ、また、カルシウムやナトリウム、カリウムなど他のミネラルのバランスを維持します。

たとえば、マグネシウムとカルシウムの組み合わせは、皮膚の新陳代謝を高め、バリア機能を改善させるのです。
さらに、マグネシウムの多さは、一定の品質を保つ役割も果すそうです。

また、シリカは、コラーゲンやヒアルロン酸と結びついて肌の弾力やうるおいを保つ働きで知られるミネラル。

ガスールのすぐれた清浄作用の仕組みはというと…。
水に溶けてマイナスイオン化したガスールが、皮膚(頭皮)の深部まで浸透し、プラスイオンの汚れに結合。
汚れとくっついたガスールを水で洗い流せば、皮膚がすっきり清らかになるというわけです。

毛穴の汚れを吸収する強力な作用があるだけでなく、肌を保湿してなめらかにします。

ガスールのミネラルは皮膚に浸透しやすく、美しい肌と髪をよみがえらせます。

ガスールの使い方

ガスールは、小石ほどの大きさに砕いた状態、もしくは粉状で市場に出回ります。

それを水やフラワーウォーターなどで溶かして使います。

さらに、アルガンオイルやハーブなどを加えて、顔や髪、全身をお手入れします。

ガスールのフェイスケア

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。皮膚の新陳代謝を高め、バリア機能を改善する、モロッコ産の粘土ガスールを材料にしたパックを紹介します。ハーブやアルガンオイルといった自然素材を加えたガスールパックは、毛穴の汚れを落として水分補給の働きも。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。牛乳や卵黄といった手軽な材料と、ガスールを使ったパックを紹介します。乾燥を防ぎ、潤いのある美肌を作る簡単な自然派コスメです。乾燥しがちな気候のモロッコには、かさつく肌をしっとりなめらかにするケアがいろいろ。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。モロッコの粘土ガスールを材料にした、ベタつく顔のテカりを解消する秘伝パックの紹介です。洗浄と保湿の効果が高いガスールはベタベタ肌におすすめ。キュウリ、セイヨウタンポポやセージなどを加えたスキンケアです。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。モロッコの粘土ガスールを材料にした、大人ニキビ解消のパックを紹介します。ガスールは毛穴の汚れを落とし、皮脂分泌を調整するだけでなく、保湿効果もあり、大人ニキビに最適。バジルやナツメグを加え、スベスベ肌に。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。モロッコのサラダによく登場する野菜キュウリを材料にした、テカりやベタベタを解消する自然化粧品を紹介します。キュウリにはくすみを取る働きも。アルガンオイルをプラスした、簡単スキンケアで透明感のある肌に。

オイリー肌向けイチゴとレモンのガスールパック

牛乳とアルガンオイルのガスールパック

乾燥肌にイチゴのガスールパック

オレンジフラワーウォーターの乾燥肌用のガスールパック

ココナッツオイルとミントのシワ対策ガスールパック

イチジクとガスールのシワ対策パック

目の下のクマとたるみにスイートクローバーのガスールパック

ベタつく肌にウチワサボテンオイルとガスールのパック

ビール酵母のガスールのパック

アーモンドとはちみつのガスールゴマージュ

ガスールのヘアケア

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。オイリーヘアに向くハーブやアルガンオイルなどを材料にしたヘアケアの紹介です。軽やかなツヤ髪にするリンスはシャンプーの後に。ヘナと卵黄入りのガスールパックは、汚れを落として皮脂バランスを整える強い味方。

抜け毛を防ぐガスールのマッサージ&パック

ガスールのボディケア

アラブ地域の蒸気風呂(スチームバス)ハマムは娯楽的な公衆浴場。美容大国モロッコのハマムは日本の銭湯に近く、心身の癒しの場です。エステサロンを兼ねていて、垢すりやマッサージ、キャラメル脱毛などのエスティシャンが、美肌作りのボディケアが体験できます。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。アルガンオイル、ガスール、ハーブを材料にした保湿効果のある美肌ボディパックの紹介です。モロッコ女性にとって全身パックは日常的なお手入れ。疲労を癒して元気回復のパック、気になる妊娠線やお腹のシワやシミ対策も。

ヘナのセルフタンニングクリーム

ハーブ入りの手作りガスール

モロッコの女性たちは、このガスールにハーブなどを加えて、オリジナルのガスールを作っています。

ファティマ・メルニーシーさんの著書『ハーレムの少女ファティマ』では、彼女の幼い頃、春から夏に手間をかけてガスール作りが行われていた様子が描かれています。


春にまず、ガスールに混ぜる花の準備をします。

バラのつぼみやギンバイカをはじめとする摘みたての香り高い花が届くと、女性たちは清潔なシーツの上に花を広げ、日陰で乾かします。
こうして乾燥した花々は、真夏まで大切に保存されます。

太陽の光が強まると、本格的なガスール作りが始まります。

まず、乾燥したバラとギンバイカを深鍋に入れ、水を加えて沸騰させます。
しばらく煮たら、鍋を火からおろして、しばらく冷まします。
これでフラワーウォーターのでき上がりです。

次に、浅い素焼きの大鉢にガスールを入れ、そこにバラとギンバイカのフラワーウォーターを加え、しばらくなじませます。
水を十分に吸って膨らんだら、ガスールを布で濾し、残った泥状のものをなめらかなペーストになるまで手でよくこねます。

それを木の板に広げて乾かします。湿気ないように、夜になると粘土を家の中に入れ、太陽が照りつける正午頃にまた運び出します。
五日ほどで完全に乾燥し、自然に割れて薄く小さなかけらになります。


モロッコのガスール作り、楽しそうですよね。

自宅で楽しめますよ!

いろいろな材料を混ぜた後に乾燥させ、使うときには水だけ加えます。
大量に作って、保存しておくと便利です。

材料

ガスール … 500g
バラの花びら … 15g
ラベンダー … 15g
ローズマリー … 15g
ブルーマロウ … 15g
クローブ … 5~7粒
アルガンオイル … 大さじ2~3
レモンの皮 … 1/2個分
ミネラルウォーター … 1リットル

作り方

  1. 鍋にミネラルウォーター、クローブ、刻んだレモンの皮を入れて沸騰させます。
  2. 火を弱め、バラの花びら、ラベンダー、ローズマリー、ブルーマロウを入れ、15分煎じます。
  3. これにガスールを加え、パック剤よりゆるめの固さにします。
  4. アルガンオイルも加えます。
  5. これをバットに流し、厚さ5ミリぐらいになるようにします。
  6. 天日で1週間ぐらい乾燥させます。
  7. 乾いたら、タブレット状に割ります。

使い方

水を加えて柔らかくし、パックなどとして使います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク