ローズウォーターの日常使いで美肌と幸せ気分を

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

アラブ地域の市場では、乾燥したバラが、他のスパイスとともに並んでいます。

ハーブティーやお菓子など食用としても使いますが、さまざまな生活シーンで楽しんでいる人が多いようです。

写真は、モロッコのショップで見つけたポプリ。
とてもいい香りです。

バラは、明るい気持ちを取り戻する働きがあるといわれています。
バラの香りに包まれると幸せな気分になりますよね。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。香り文化を大切にするモロッコの手作り香水の紹介です。バラやメリッサ、ローズマリー、タイムなどのハーブのオードトワレは癒し効果も。クローブ、ナツメグ、シナモンなどスパイシーな香水は、意識を覚醒させる働きが。

モロッコはバラの産地。
モロッコ南部ワルザザートのエル・ケラア・ムグナという村では、毎年5月上旬にバラ祭りが開催されます。

種類はダマスクスローズで、ローズウォーターや精油を抽出する香りの良いバラです。

ローズウォーターは、バラの精油を抽出するときにできる蒸留水。

水蒸気蒸留法でローズウォーターを作った最初の人物は、アラブの医師イブン・シーナーだというのが定説です。
イブン・シーナーは、哲学者でありながら、医学の知識にも精通していて、植物療法のカリスマ的存在でした。

ローズウォーターはモロッコの家庭の常備品。
ジュースのようなガラス瓶に入りで、市場に売っています。

モロッコの市場では、スパイスなどの食品と美容グッズが同じ店に並んでいます。アラブ諸国では、香辛料も伝統的な生薬も同じ植物であることから、一緒に扱うようになったそうです。植物や鉱物由来のコスメが、スパイス屋においてあっても、不自然ではないのです。
モロッコ美容の手作りコスメ!中東の代表的な物語アラビアンナイト(千一夜物語)では、スーク(市場)に並ぶアーモンドやヘンナ、さまざまな芳香植物やムスクやサフランの香り、蒸気風呂ハマムの習慣など、豊かで贅沢なイスラムの美容文化が語られています。
お茶はアラブ地域の重要な文化。昔からハーブやスパイスは医療や料理に使われ、いまでもさまざまなハーブを日常的に楽しんでいます。ハーブティーは身体の不調だけでなく、精神のバランスを整える働きがあります。モロッコでは、フラワーウォーターもドリンクに。

モロッコではお客さんが訪ねてきたとき、ローズウォーターを拭きかけて歓待する習慣もあります。

モロッコ美容の手作りコスメ!イスラム世界の代表作アラビアンナイト(千一夜物語)では、さまざまな芳香植物、官能的な麝香や龍涎香など、イスラム美容が語られています。婚礼前に花嫁が垢すりやヘナタトゥー、キャラメル脱毛をするハマムの儀式が登場します。
スポンサーリンク

ローズウォーターの美容効果

やさしい香りのローズウォーターは、化粧水としても愛用されています。

収れん、皮膚細胞の再生、傷を治すなどの作用があり、水分のバランスを整え、素肌に潤いをよみがえらせます。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。アルガンオイルを材料にしたスキンケアの使い方をマスターしましょう。アルガンオイルは、皮膚細胞再生と抗酸化作用にすぐれ、若々しく弾力のある素肌を保ちます。ハーブやガスールと組み合わせることで効果がアップ。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。牛乳や卵黄といった手軽な材料と、ガスールを使ったパックを紹介します。乾燥を防ぎ、潤いのある美肌を作る簡単な自然派コスメです。乾燥しがちな気候のモロッコには、かさつく肌をしっとりなめらかにするケアがいろいろ。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。健康ドリンクのアーモンドミルクを材料にしたクレンジングやパックを紹介します。アーモンドパウダーも素材としてガスールや牛乳を加えたパックに。アーモンドは炎症やかゆみを癒し、保湿効果もばつぐんです。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。米ぬかを材料にしたパックとクレンジングを紹介します。肌のバリア機能セラミドや、保湿作用のオリザブラン、紫外線を防ぐγ-オリザノールを含む米ぬかに、ローズウォーターなどを加えたお手入れで、しっとりツヤ肌に。

シワを目立たなくする働きも。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピです。アルガンオイルやボリジオイル、ローズウォーター、オレンジフラワーウォーターなどを材料にした秘伝スキンケアを紹介。ローズマリーなど保湿効果の高いハーブで、シワやたるみを防ぎ、若々しい肌を保ちましょう。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。ビタミンCたっぷりイチゴを材料にしたスキンケアを紹介。イチゴ、卵黄、はちみつ、レモン、キュウリなどの食材には驚きの美容効果が。イチゴのショートケーキ風パックはシワ対策に。オイリー肌もすっきりさせて保湿。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。シミ・ソバカスを目立たなくするハーブを材料にしたスキンケアを紹介。パセリのローション、フェネグリークとはちみつ&レモンのパック、白ブドウとローズウォーターの美容液。キンレンカやショウガもしみ・そばかすに。

あらゆるタイプの肌に向きますが、特に加齢肌、敏感肌、傷んだ肌には最適。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。皮膚の新陳代謝を高め、バリア機能を改善する、モロッコ産の粘土ガスールを材料にしたパックを紹介します。ハーブやアルガンオイルといった自然素材を加えたガスールパックは、毛穴の汚れを落として水分補給の働きも。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。ヨーグルトを材料にしたクレンジングの紹介です。乳酸菌はピーリング効果が。発酵乳の歴史は古く、古代ペルシャの女性はパックに使っていたそうです。バラの花びらやアーモンドパウダー、小麦粉とはちみつのパックなど。

http://bien-etre.site/cosmetics/face-care/acne/‎

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピの紹介です。ハーブの氷パックや氷マッサージは少し大胆ですが、気持ちいい! パックはミントとはちみつのオイリー肌用、アルガンオイル入り乾燥肌用、バラの花びら入り混合肌用、緑茶と紅茶の目のむくみ解消など。
モロッコの植物メイクアイテム! モロッコの伝統的メイクは、黒いアイメイクと赤のリップ&チークがポイント。レッドは幸せをもたらす色といわれ、モロッコの女性たちは、粘土製などの容器に入った練紅「アケール」で、印象的なリップやチークに仕上げます。

また、毛細血管を引き締め、頬の赤みを解消します。

その昔、ペルシャの女性たちは、ローズウォーターにオレンジかレモンの絞り汁を加えたローションを愛用していたそうです。
この化粧水は、炎症気味のお肌を癒す効果があるとか。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。アルガンオイルやハーブを材料にした日焼けケアの紹介です。アルガンオイルは、紫外線で傷んだ肌を癒して潤します。カモミールなどを漬けたハーブオイルは、肌のほてりを鎮め、なめらかに。ヘナのセルフタンニングりも。

目の下のクマや目の疲れには、ローズウォーターの湿布がおすすめです。
ローズウォーターで湿らせたコットンをまぶたの上にしばらくのせておくだけ。

パソコンなどで酷使した目を癒す、とっておきの方法です。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。目の下のクマやたるみを解消して老け顔にサヨナラ!ハーブやガスールを材料にした自然派コスメを紹介します。キュウリや紅茶のティーパック、スイートクローバーのガスールパック、フェンネルシードのスチームなど。 

熱さましとしても用いられ、ローズウォーターを湿らせたタオルで額を冷やすそうです。

バラのボディリンス

リッチな気分になれそうな、薫り高い入浴剤です。

材料

バラの花びら … 50g
スイートアーモンドオイル … 250ml

作り方

ガラス瓶にバラの花びらを入れ、スイートアーモンドオイルを注ぎます。

蓋をして、密封状態で2週間そのままおきます。

ときどき瓶を上下して、混ぜ合わせます。

2週間たったら、花びらを取り除き、濾して、別の瓶にうつします。

使い方

入浴後、上がり湯にこのオイルをキャップ2杯分入れ、全身にかけます。

 こちらも! 

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。牛乳やはちみつ、ハーブを材料にした入浴剤の紹介です。ハーブビネガーで潤い肌に。牛乳とはちみつのバスミルクでリラックス。糠とオートミールでしっとり肌に。乾燥肌にバラとラベンダー。クルミの葉は血行促進。
スポンサーリンク
スポンサーリンク