スパイシーなモロッコお香と手作りオードトワレ

アラブ地方では、乳香や没薬、安息香などを芳香樹脂を粒状にした香料ブフールを焚く習慣があります。

アラブの市場では、粒状の香料を量り売りしています。

モロッコの家庭には、「香炉に似た火鉢」があり、炭をおこした香炉ににブフールを入れると、パチパチという音とともに煙が立ち上り、あたりに良い香りがたちこめます。

ブフールは各家庭オリジナルの調合があるそうです。
国によっても香りは違うのでしょう。

ドバイの市場で購入したブフールはすでに調合ずみで、甘いお菓子のような香りがします。

パリのベルヴィルで、高さ15センチほどの小さな香炉を購入しました。
ブフールと炭も売っていました。

炭を燃やし、そこにツブツブの芳香樹脂をおくと、ほのかにエキゾチックな香ります。

ただ、この炭がインチキ(?)なのか、なかなか火がつかない。
なので、ただの飾り物になってます。残念ながら。

ハーブを使った手作りオードトワレは、香りがいいだけでなく、心身を癒す効果もあります。

40度以上のウォッカなどのアルコールにハーブをつけるだけで、作り方は簡単。


バラ

ガラス瓶にアルコール(250ml)に、乾燥したバラの花びら(35g)を入れます。
ときどき瓶を上下し、中身をまぜながら、1か月暗所においておきます。
茶こしなどで濾して、別のガラス瓶にうつします。

香りをより強めたいのなら、一度こした後、新しい花びらを入れ、数日おきます。


メリッサ

身体の節々の痛み、リュウマチ、疲れたときのマッサージにも使えるオードトワレです。

メリッサローズマリータイムセージ(各10g)をアルコール(500ml)に漬けこみます。
ときどき瓶を上下して混ぜ合わせ、8日間そのままにします。
茶こしなどで濾して、別のガラス瓶にうつします。


オレンジ

リラックス効果も期待できる、爽やかなフルーツの香りのオードトワレです。

オレンジの皮(1個分)を適当な大きさに切ります。
ローズマリーの葉と花(大さじ2)、ラベンダー(大さじ3)、バラの花びら(大さじ4)、をガラス瓶に入れます。
アルコール(500ml)、ローズウォーター(50ml)、オレンジの花水(50ml)を加えます。
8日間そのままにし、ハーブとオレンジの皮を撮り出して濾し、別のガラス瓶に入れ替えます。


クローブは、アラブ地域の女性たちに欠かせないスパイス。
大昔から、アラブの人たちに香水として愛されてきました。

クローブの香水は、自分だけでなく、周囲の人たちの意識を覚醒させる働きがあるといわれています。


クローブのエキゾチックなオードトワレ

ガラス瓶に精製水(200ml)、イチジクのリキュール(大さじ3)、クローブ(8個)を入れて混ぜます。
日の当たらない涼しい場所に保管し、数日そのままにします。
クローブを取り出し、ナツメグショウガシナモンの精油(各4滴)とサンタルウッドの精油(8滴)を加えます。
1週間そのままにして、できあがり。

ナツメグ、ショウガ、シナモンは、精油ではなく、パウダーで代用しても大丈夫です。
その場合、最後にペーパーフィルターなどで濾して、別のガラス瓶にうつしてから使いましょう。

このオードトワレは、日の当たらない場所で6か月保管可能です。

投稿記事下

シェアする