古代エジプト人の白粉パウダーは高技術のコスメ

美容大国モロッコに伝わる、ハーブやアルガンオイル、ガスールなど天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。簡単で実用的なレシピもたくさん!

10年ほど前、ルーヴル美術館の化学者が、古代エジプトの墓から発見された白粉(パウダー)を分析しました。

白粉を構成するベースの原料は、白鉛鉱と方鉛鉱の2つの鉛。
さらに、ラウリオンとフォスゲナイトという珍しい成分も含まれていたそうです。

後者の2つは人為的に作られた合成化合物であると判明。

古代エジプト時代の化粧品は高度な技術で作られていることがわかったのです。

しかも、カラー調整もしていたそう。
ラウリオンとフォスゲナイトの混合物に、白鉛鉱を加えたらナチュラルな肌色、方鉛鉱を混ぜて日焼け肌向けに、という具合。

化粧品作りの歴史と技に、あらためて驚いてしまいます。

※Health & Beauty Review(講談社)のブログ「イスラム美容研究」で掲載された記事です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク