赤い繊細なヘンナタトゥーで幸せを守る

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

イスラムの世界では、ジン(精霊)が存在すると信じられています。
良いジンもいるのですが、悪いジンは体調不良や精神的な苦痛などを与えるのだそうです。

この悪戯好きのジンの嫌いなもののひとつがヘンナ(ヘナ)です。

そこで、悪いジンを退けるために、ヘンナを日常的に使うそうです。

ジンは湿気の多いジメジメしたところを好んで出没するため、日の当らない部屋や浴室、トイレなどの隅に置きます。
日本人が塩を盛って清めるのに似ていますね。

ヘンナは、ジンの悪い影響を防ぐだけでなく、健康や喜び、美の象徴でもあります。

イスラムの女性たちがヘンナを手足に塗って染めるのも、身を守って、幸せを手に入れるという理由から。

モロッコの観光地に行くと、「ヘンナの入れ墨をしませんか?」と声をかけられることがあります。

手の甲にほどこされる鮮やかなオレンジ色の文様は、その強烈な“赤さ”ゆえ、「おまじないかな?」と思わずにいられません。

”赤”は邪視をはねのける色であり、ヘンナには、自分と周囲の人々を幸せにし、邪気を払うパワーがあるといわれています。

イスラム教では、ヘンナを神聖な植物と崇め、割礼や結婚式、婚約式などあらゆる祭りや儀式に用います。

北アフリカでは、男児が誕生すると、4日目にその赤ちゃんのひじのしわ、手のひらと足の裏、目のふちなどに、ヘンナに水を加えて作ったクリームを少しつける習慣があるそうです。

また、地域によっては、割礼の祝いでもこうした儀式が行われるといいます。

ヘンナは基本的に女性の魔よけに用いられ、女性は手や足に入れ墨をほどこします。

アルジェリアでは、結婚式の1週間前に伝統的な「ヘンナの夜」が行われ、モロッコでは結婚式の前日に、花嫁はヘンナの入れ墨で身を飾ります。

ヘンナの入れ墨は、嫉妬心を退け、家庭内の不運を防ぐといわれ、結婚のときには欠かせない儀式なのです。

ヘンナ入れ墨のスペシャリストが、芸術的で繊細な花柄モチーフを手や足に描いていきます。

また、妊婦は臨月になると、ヘンナで体を洗い清め、姑が妊婦の手足に染付けをして安産を祈願するそうです。

出産後の7日目には、無事に出産できたことを祝って再びヘンナをつけ、この日から通常の服装にもどるのだとか。

ヘンナ入れ墨の文様はレースのように繊細で美しく、動物や鳥、植物をアレンジして組み合わされています。
曲線は「官能」、点線は「安定」、直線は「調和」とそれぞれの形にはメッセージが含まれているそうです。

文様は地域ごとに特色があり、モロッコの人は、「それはフェズの文様ね」と言い当てます。

手描き正式な方法ですが、一本一本線を描くのはとても時間がかかって大変。

フェズでヘンナ入れ墨をしてもらったときは、ヘンナの粉に水とレモン水を混ぜてクリーム状にしたものを、針のない注射器に入れて、フリーハンドで描いていました。
まさに職人技!

ヘンナの入れ墨は、身を守るだけでなく、人を魅了する効果もありまね。

手描きは無理でも、忙しい日常用には、市販の入れ墨パターンが便利です。
ペタっと手の甲につけてヘンナを上塗りするタイプで、リボン状や手の平型のパターンがあり、スーク(市場)で買うことができます。

モロッコでは、手の甲ではなく、手の平を赤く染めた女性に出合うことがあります。

実は、ヘンナには乾燥による荒れやひび割れを防ぐ働きがあり、ヘンナのハンドクリームのように手を染めている人もいるとのこと。

こうした風習は、砂漠に生活をするベドウィンの女性に多く見られ、ヘンナのペーストを塗ることで、皮膚が保護され、防水効果もあるそうです。

 こちらも! 

モロッコなどでは、悪い視線から身を守るために「ファティマの手」を、恋愛運アップのために貝かクローブの首飾りを身につけるそうです。ざくろの果皮やアーモンドは誘惑に効果があり、はちみつとハリッサ(アリッサ)、トリュフのソテーは“媚薬”になるとか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク