モロッコが美容大国といわれるワケ

自然の恵みを大切にし、自分の体と心に合わせてケアするモロッコ美容。

このモロッコ美容は、アラブ地域で受け継がれているアラビアンビューティーのひとつです、

「アラビアンビューティー」という言葉は耳慣れず、どんなものなのかピンとこないかもしれません。

肌や髪のお手入れは、韓国垢すりやタイマッサージといった「アジアンビューティー」など、それぞれの文化圏によって多様な方法が根づいています。

アラビアンビューティーの歴史は古く、文明の黎明期にアラブ地域で誕生しました。

例えば、エジプトでは紀元前からボディケアが行われていたのが知られています。
そのカリスマ的存在といえば、古代エジプトの女王クレオパトラ。

クレオパトラは、その麗しい姿をキープするために、さまざまな美容法が生み出しました。

そうした伝統的な美容法のいくつかは、21世紀のいまでも行われていて、モロッコ美容にも受け継がれています。

「アラブは日本から遠く離れた地域だし…」と親しみを感じない人もいるかもしれませんが、アラビアンビューティーは伝わっていたのです。

何世紀も前に、シルクロードなどのルートで。

たとえば、口紅の原料の“紅花”。

この紅花は、中東周辺やインドから、中国へと伝来し、日本でも栽培されるようになりました。

日本人が、赤い植物で作った紅で化粧をはじめたきっかけのひとつは、遠いアラブ地域の美容を取り入れたからともいえます。

なにやら得体の知れない美容法、と思われるかもしれませんが、私たちになじみのある西欧の美容法も、もともとはアラビアンビューティーを参考にして発展したものが多々あります。

美容王国フランスでも、美容の歴史を語るときは、「古代エジプト美容」の紹介からはじまります。

イスラム文化圏で育まれた薫香や植物療法は、香水や植物コスメなどの現代スロービューティーの起源ともいえます。

ところで、ひとくちにアラビアンビューティーといっても、エジプトから東の地域はドライ(乾燥)系、モロッコあたりはウェット(湿潤)系で異なる、とモロッコ人の男性が教えてくれました。

話はそれますが、モロッコ人男性は美容についておしゃべりするのが嫌いではないらしく、アルガンオイルやヘンナ、ガスールなどについていろいろ情報通です。

モロッコ美容はウェット、ということですが、そういえば、モロッコは、ローズウォーターやクリーム状にしたガスールやヘンナなど、水を使う美容法が多いかも。

そのモロッコ人曰く。

「日本もウェット系。だから、お互い親しみを感じるんじゃない?」

そうともいえますね。

アラビアンビューティー、そしてモロッコ美容の効能と魅力を少しずつ解明していきたいと思います。

*Health & Beauty Review(講談社)の連載ブログ「イスラム美容研究」で掲載された記事(2010年)に加筆しました。

投稿記事下

シェアする