リラックスと美肌に!バラとラベンダーの入浴剤

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

 ボディケア   保湿   ストレス 

 初級   所要時間:10分   保存期間:1日 

モロッコはバラの産地。

日常生活はもちろん、美容にもバラはよく登場します。

優雅な香りのバラと、癒し効果で知られるラベンダーは、バスタイムにもおすすめのハーブ。

バラとラベンダーの入浴剤は、疲れた心身をリラックスさせるだけでなく、乾燥肌と傷んだ肌の改善も期待できます。

作り方はいたって簡単。ドライハーブを水で煎じただけなのです。

バラは保湿効果が高く、うるおいのある肌がよみがえります。

ラベンダーは洗浄作用があり、毛穴の汚れを落とし、皮膚細胞を引き締めるといわれています。

かぐわしい香りのお風呂で、日ごろのストレスを解消しましょう。

 保存容器と用具 

計量カップ・スプーン

茶こし

 材 料 

バラの花びら(ドライハーブ) … 大さじ3

ラベンダー(ドライハーブ) … 大さじ3

水 … 1リットル

 作り方 

  1. 鍋に水、バラの花びらとラベンダーを入れ、火にかけます。
  2. 沸騰したら火を弱め、5分ほど煎じます。
  3. 火からおろし、茶こしでこします。

 使い方 

この煎じ液を浴槽に入れ、入浴します。

 保存方法 

1回で使い切りましょう。

 材料のおさらい 

美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。繊細な香りのバラは美容効果も高く、収れん作用があり、敏感肌や傷んだ肌に適しています。保湿効果が高く、きめの細かい美肌を作ります。バラを漬けて作ったリッチなハーブオイルは入浴後のお手入れに。
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ラベンダーは古代からさまざまな目的で使用されていました。毛穴の汚れを落とし、皮膚細胞を引き締める働きがあり、特にオイリー肌やノーマル肌に向きます。オイリーヘアやフケ症のお手入れにも。

 こちらも! 

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。牛乳やはちみつ、ハーブを材料にした入浴剤の紹介です。ハーブビネガーで潤い肌に。牛乳とはちみつのバスミルクでリラックス。糠とオートミールでしっとり肌に。乾燥肌にバラとラベンダー。クルミの葉は血行促進。