3つのハーブの入浴剤で血行を促進して元気回復

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

電子書籍
モロッコ美容 1日使い切り手作りコスメ
 アルガンオイルとガスールの使い方」  400円

アルガンオイルとガスールの2つを使ったパックやスクラブなど、1回で使い切る手作りコスメを紹介します。

簡単な手作りコスメで、おうち時間を楽しみ、美しく!

 入浴   ボディケア   血行促進 

 初級   所要時間:10分   保存期間:1日 

赤ブドウの葉とバラの花びら、ペパーミントのハーブ入浴は、血行を促進し、心身の元気を回復する効果が期待できます。

ドライハーブをお茶パックに入れた、簡単な手作り入浴剤です。

 保存容器と用具 

ガラス瓶(100ml用)  ※ガラス瓶は煮沸消毒してから使用しましょう

計量カップ・スプーン

 材 料 

赤ブドウの葉 … 大さじ1

バラの花びら … 大さじ1

ペパーミント … 大さじ1

 作り方 

  1. 赤ブドウの葉、ビターオレンジの葉、バラの花びら、ペパーミントを混ぜ合わせます。
  2. これをモスリンなど綿の小さな袋(お茶パックでも可)に詰めます。

 使い方 

お湯を張った浴槽に浮かべます。
入浴中、この袋で身体をポンポンたたくようにマッサージします。

 保存方法 

1日で使い切りましょう。

 材料のおさらい 

美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。赤ブドウには、静脈と毛細血管の引き締め、刺激やデトックスなど、さまざまな効能があります。赤ブドウ葉は、むくんで重い足を軽くし、セルライトのオレンジピールスキンを取り除く働きがあります。
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。繊細な香りのバラは美容効果も高く、収れん作用があり、敏感肌や傷んだ肌に適しています。保湿効果が高く、きめの細かい美肌を作ります。バラを漬けて作ったリッチなハーブオイルは入浴後のお手入れに。
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ペパーミントは”栄光の香り”の植物といわれ、古代から人々に愛されてきました。メンソールが豊富で、頭痛を解消し、心身を軽快にする作用があります。収れん、殺菌、リフレッシュ効果で美容にも。

 こちらも! 

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。牛乳やはちみつ、ハーブを材料にした入浴剤の紹介です。ハーブビネガーで潤い肌に。牛乳とはちみつのバスミルクでリラックス。糠とオートミールでしっとり肌に。乾燥肌にバラとラベンダー。クルミの葉は血行促進。

     

 

スポンサーリンク

フォローする