モロッコ秘伝!保湿力アップの手作りガスール

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

電子書籍
モロッコ美容 1日使い切り手作りコスメ
 アルガンオイルとガスールの使い方」  400円

アルガンオイルとガスールの2つを使ったパックやスクラブなど、1回で使い切る手作りコスメを紹介します。

簡単な手作りコスメで、おうち時間を楽しみ、美しく!

 保湿   混合肌   エイジングケア 

 上級   所要時間:30分+1週間   保存期間:6ヶ月 

モロッコの女性たちは、シンプルなガスールにハーブなどを加えてから再度乾燥させてオリジナルのガスールを作っています。

保湿効果が高いバラやローズマリー、毛穴を引き締めるラベンダー、修復作用のあるブルーマロウ、乾燥を防ぐクローブに、老化を遅くする働きもあるアルガンオイルを加えた、どのタイプの肌にも合うガスールです。

使うときには水で柔らかくするだけ。

大量に作って、保存しておくと便利です。

 保存容器と用具 

ボウル(大)

計量スプーン・カップ

バット(大)

 材 料 

材料

ガスール … 1カップ

バラの花びら … 小さじ1

ラベンダー … 小さじ1

ローズマリー … 小さじ1

ブルーマロウ … 小さじ1

クローブ … 2粒

アルガンオイル … 小さじ2

レモンの皮(すりおろす) … 小さじ1

ミネラルウォーター … 500ml

 作り方 

  1. 鍋にミネラルウォーター、クローブ、刻んだレモンの皮を入れて沸騰させます。
  2. 火を弱め、バラの花びら、ラベンダー、ローズマリー、ブルーマロウを入れ、15分煎じます。
  3. 火を止め、人肌ぐらいまで冷やし、キッチンペーパーでこしてハーブ類を取り除きます。
  4. ボウルにガスールを入れ、上記の煎じ液を少しずつ注ぎ、混ぜ合わせます。
  5. アルガンオイルを加えて混ぜ、柔らかめのクリーム状にします。
  6. これをバットに流し、厚さ5ミリぐらいに平にのばします。
  7. 天日で1週間ぐらい乾燥させます。
  8. 乾いたら、1~2㎝の四角形ぐらいの大きさに割ります。

 使い方 

ガスール大さじ1に水を大さじ1ほど加えて、ペースト状にし、パックなどとして使います。

☆ヘアパックにも使うことができます。

 保存方法 

ガラス瓶などに入れ、高温湿気を避けて保管します。6ヶ月ぐらい保存可能です。

 材料のおさらい 

粘土(クレイ)ガスールはモロッコ美容の手作り化粧品に欠かせない素材。ガスールの効能・効果と手作りパックを紹介します。洗浄作用があるガスールはシャンプーとして使われる他、マグネシウムなどミネラルが豊富で、肌に浸透して潤いのある美肌を作ります。
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。繊細な香りのバラは美容効果も高く、収れん作用があり、敏感肌や傷んだ肌に適しています。保湿効果が高く、きめの細かい美肌を作ります。バラを漬けて作ったリッチなハーブオイルは入浴後のお手入れに。
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ラベンダーは古代からさまざまな目的で使用されていました。毛穴の汚れを落とし、皮膚細胞を引き締める働きがあり、特にオイリー肌やノーマル肌に向きます。オイリーヘアやフケ症のお手入れにも。
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ローズマリーは抗酸化作用にすぐれ、アンチエイジング、保湿、引き締め、ニキビや吹き出物を治す働きが。オイリー肌やオイリーヘアのケアに適し、頭皮の皮脂分泌を正常にし、抜け毛やフケを防ぎます。
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ブルーマロウは、保湿、鎮静、抗炎症作用で知られ、皮脂膜を保護して修復する働きが。ブルーマロウの煎じ液は、肌や髪のローション、目と口腔ケアに。ブルーマロウオイルは、ボディや日焼けのケアに。
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。クローブには強力な殺菌力があり、鎮痛作用もすぐれ、特に歯痛を鎮めます。口臭防止、口腔の炎症や口内炎に有効です。肌の乾燥を防ぎ、皮膚炎や吹き出物を解消し、髪をいきいき元気にする効果も。

 こちらも! 

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。モロッコの粘土ガスールを材料にした、ベタつく顔のテカりを解消する秘伝パックの紹介です。洗浄と保湿の効果が高いガスールはベタベタ肌におすすめ。キュウリ、セイヨウタンポポやセージなどを加えたスキンケアです。