キュウリとアルガンオイルのガスールパック

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

 オイリー肌   保湿   毛穴ケア 

 初級   所要時間:30分   保存期間:1日 

オイリー肌用ガスールのパックとしては、キュウリとアルガンオイルがおすすめです。

 保存容器と用具 

ボウル(小)

計量スプーン

おろし器(ミキサー)

 材 料 

キュウリ … 1本

アルガンオイル … 小さじ1ほど

ガスール … 大さじ2

 作り方 

  1. キュウリをミキサーにかけるか、おろします。
  2. 汁をしぼります。
  3. ボウルにガスールを入れ、キュウリの汁を加えて、柔らかくします。
  4. 残りのキュウリを入て混ぜます。
  5. これにアルガンオイルを加えて、混ぜ合わせます。

 使い方 

  1. 化粧を落とし、洗顔します。
  2. 顔と首につけ、ガスールが乾くまで15分ほどパックします。
  3. ぬるま湯で流します。

 保存方法 

1回で使い切りましょう。

 材料のおさらい 

粘土(クレイ)ガスールはモロッコ美容の手作り化粧品に欠かせない素材。ガスールの効能・効果と手作りパックを紹介します。洗浄作用があるガスールはシャンプーとして使われる他、マグネシウムなどミネラルが豊富で、肌に浸透して潤いのある美肌を作ります。
モロッコ手作りコスメの材料アルガンオイルの効能・効果と使い方を紹介します。アルガンオイルはアンチエイジングの理想的な美容オイル。抗酸化作用にすぐれ、保湿効果もばつぐん、肌にも髪にも使えます。オレイン酸やリノール酸が豊富で食べてもヘルシーに。

 こちらも! 

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。モロッコの粘土ガスールを材料にした、ベタつく顔のテカりを解消する秘伝パックの紹介です。洗浄と保湿の効果が高いガスールはベタベタ肌におすすめ。キュウリ、セイヨウタンポポやセージなどを加えたスキンケアです。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。モロッコのサラダによく登場する野菜キュウリを材料にした、テカりやベタベタを解消する自然化粧品を紹介します。キュウリにはくすみを取る働きも。アルガンオイルをプラスした、簡単スキンケアで透明感のある肌に。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。皮脂をコントロールし、しっかり保湿する、ラベンダーやオレンジフラワーなどのハーブを使ったローションを紹介。毛穴を引きしめ、さっぱりしっとり肌をよみがえります。毛穴の汚れには、ハーブのスチームもおすすめ。