飲んでおいしいコーヒーでスリミング&全身ケア

コーヒーを飲む習慣は、私たちの生活にもすっかり浸透しています。

コーヒーの語源はアラビア語の「カフワ」で、15世紀ごろ、アラビア半島で飲みはじめたそうです。
その当時、イスラム世界にはカフェが誕生しました。

イスラムのコーヒー文化が、ヨーロッパにもたらされたのは17世紀のことです。

写真は、ドバイで撮影した、サウジアラビア人のデモンストレーションです。

アラブ社会では喫茶店が重要な社交場になっています。
喫茶店で男性たちが熱中するのは、テレビで放映されるサッカーの試合。

男性中心だったカフェですが、最近では、国によって女性の姿も見かけるようになりました。

アラブのコーヒーは粉を煮詰めたドロっとしたタイプが多く、サウジアラビアなど一部のイスラム地域では、スパイスのカルダモン入りの濃いコーヒーが飲まれています。

イラク人やレバノン人は、カルダモン入りコーヒーが“普通”と言っていました。

カルダモンはインド地方に野生し、アラブ世界でも医薬として用いられていました。
神経性の胃腸障害に効果的で、腸内ガスを駆除し、消化促進させます。
また、加温作用、呼吸器や泌尿器系のトラブルに効くといわれ、風邪などの症状にも適しています。

カルダモンは疲れて元気が出ないときに、気分をリフレッシュさせる働きも。

モロッコでは、コーヒーにクローブを入れるそうです。

「クローブは麻酔薬として使われるの。歯の痛み止めにもなるのよ」とのこと。

クローブには、腸の働きを正常にし、食欲不振や消化不良を改善する働きがあります。
さらに、頭痛を抑え、記憶力をアップし、やる気を喚起する作用も。
また、うつ状態を解消し、明るい気分にする効果も知られています。

仕事を片付けなければならないときや、気持ちが沈んでいるときに、クローブ入りコーヒーは強い味方になりそうですね!

さて、コーヒーの出がらしを捨ててしまうのはもったいない。

コーヒーの出がらしを使った、スリミング効果が期待できるゴマージュをご紹介します。
コーヒーのボディゴマージュは、固い角質を取り除き、肌のきめを整え、なめらかにする働きもあります。

引き締めボディのゴマージュ

クローブ5個をパウダー状にします。
クローブ、コーヒーの出がらし(半カップ)とアルガンオイル(50ml)を混ぜ合わせます。
身体を洗った後にこれをつけ、やさしくマッサージします。
足や手も忘れずに。
終わったら、シャワーで流します。

スリミングのゴマージュ

コーヒーの出がらし 1カップ
シナモンのスティック 2本
アルガンオイル 1/2カップ

シナモンのスティック2本をパウダー状にします。
シナモン、コーヒーの出がらし(半カップ)とアルガンオイル(50ml)を混ぜ合わせます。
身体を洗った後にこれをつけ、やさしくマッサージします。
終わったら、シャワーで流します。

足や手も忘れずに。

クローブ、シナモンはスパイスパウダー(大さじ1~2ほど)で代用できます。

もうひとつ、すべすべツヤ肌にするゴマージュ。

コーヒーの出がらし 1カップ
アルガンオイル 1/2カップ

バラの花(ドライ 半カップ))をパウダー状にします。
バラの花に、コーヒーの出がらし(半カップ)とアルガンオイル(50ml)を混ぜ合わせます。
身体を洗った後にこれをつけ、やさしくマッサージします。
終わったら、シャワーで流します。

バラの花の代わりに、スターアニスのパウダーを大さじ1ほど加えても。
スターアニスのゴマージュは、敏感肌に向いています。