足汗と臭い対策でバブーシュの足元華やかに

美容大国モロッコに伝わる、ハーブやアルガンオイル、ガスールなど天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。簡単で実用的なレシピもたくさん!

モロッコの履物といえば、かかとをつぶしたスリッパ(サンダル?)「バブーシュ」が有名です。

お洒落なバブーシュは日本でも人気ですね。

女性用は、素材もカラーもデザインもさまざまで、いろいろ揃えたくなってしまいます。

かなり前の話になりますが、2010年のモロッコ旅行では、ラバトの市場(スーク)へ行こうと地元の方に運転手をお願いしたにもかかわらず、道に迷い、駐車に手間取り、買い物時間はわずか30分に!

まったく余裕はなかったのですが、目についたバブーシュを数足入手してきました。

素足にサンダルの場合、やはり足のムレや臭いが気になりますよね。

そこで、ハーブを使った足のムレ&臭い対策をご紹介します。

足の発汗を抑えるのに向いているハーブは、セージオークフキタンポポホワイトウィローなど。


セージの足浴

デオドラント効果があり、過剰な汗を抑えます。

水(500ml)とセージの乾燥した葉(50g)を鍋に入れて火にかけ、沸騰したら10分ほど煎じます。
火からおろし、茶こしなどでハーブを取り除きます。
お湯をはった洗面器にこの煎じ液を注ぎ、水で温度を調整します。
足を洗ってから、10分ほど足浴を。
すすがず、そのままタオルでふきます。


ハーブの足浴

水(500ml)とセージ(10g)、ローズマリー(20g)、タイム(20g)を鍋に入れて火にかけ、沸騰したら10分に出します。
その後の作り方とやり方は、セージの足浴と同じです。


足浴が面倒であれば、これらの煎じた液で足をふくだけでもOK。

さらに、煎じ液を冷蔵庫で冷やしておけば、ほてった足もひんやり。
ティッシュや大判サイズのコットンで、お出かけ前や帰宅時に足をふきます。

煎じ液をしめらせたコットンなどは、チャック袋に入れて携帯もできます。
外出先でもひとふきでき、足元すっきりです。

スプレー容器に入れて、消臭スプレーとして使うのもおすすめ。
すがすがしいハーブの香りで、気持ちも爽やかになりますよ!

もうひとつ、なかなか手に入らないかもしれませんが、オークの樹皮を使ったフットケア。


オークの足浴

過剰な発汗を抑え、ひび割れを治します。

水(500ml)とオーク樹皮(30~50g)を鍋に入れて火にかけ、煎じます。
樹皮を取り出して濾し、足浴のお湯に加え、20~30分足をひたします。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク