黒オリーブが主原料のモロッコのサボンノワール

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

サボンノワールの効能と使い方

 
 このページで紹介する手作りコスメ
 

モロッコへ行ったらぜひ手に入れたいのがサボンノワール。

オリーブオイルと黒オリーブの実を主原料としたクリーム状の黒い石けんで、モロッコ美容の伝統的な基本アイテムです。

日本での知名度はいまひとつですが、ヨーロッパではナチュラル石けんとして注目されているのです。

ハマムでは、このサボンノワールで垢すりします。

サボンノワールはスーク(市場)で購入でき、量り売りが一般的。

写真の黒石けんは、やや無造作な陳列でしたが、アルガンオイル入り。
1㎏で20DH(約220円)なり!

ビニール袋に入れてくれるので、日本まで持ち帰るのであれば、プラスチックの容器を準備したほうがいいかも。

黒石けんは普通、その名の通り「黒い」のですが、スークで「青」と「赤」の石けんを見つけました。

「青」はラベンダー、「赤」はジャスミンバラをベースにしているとのこと。
その他、アロエベラ入りもありました。

これらハーブなどの植物を混ぜ込んだサボンノワールは、フェイスケアやヘアケア用で、1kgで170DH前後(約1900円)。

さて、日本ではまだ容易には手に入らないサボンノワールですが、ガスールを混ぜて作る強力洗浄パックをご紹介します。

スポンサーリンク

サボンノワールとガスールの洗浄パック

材料

サボンノワール … 大さじ1
ガスール … 大さじ2
レモン … 1個

作り方

  1. レモンをしぼります。
  2. ガスールは水を加え、柔らかくしておきます。
  3. ガスール、レモン汁、サボンノワールを混ぜ合わせ、クリーム状にします。

使い方

洗顔後の顔にこれをぬり、10~15分パックし、ぬるま湯で流します。

週1回ぐらい、このパックをするのがおすすめです。

モロッコ流サボンノワールの全身ケア

休日に試してみたい、全身パック。

モロッコ美容のボディケア、ゴマージュ、洗浄、栄養および水分補給が基本。
サボンノワールと垢すり手袋でゴマージュし、シアバターでパックします。

シアバターは、細胞を再生し、肌の新陳代謝を高め、皮脂膜を再構築する働きがあるといわれています。

材料

サボンノワール … 適量
シアバター … 適量
垢すり手袋

やり方

  1. 顔とボディにサボンノワールをつけ、10分そのままにします。
  2. 熱いお湯で湿らせた垢すり手袋で垢すりをして、老化した古い皮膚を除去します。
  3. 血液循環を良くするように、心臓に向けてこすります。足の裏、耳の裏も忘れずに。
  4. 終わったら、ぬるま湯で全身をすすぎ、タオルで全身をふきます。
  5. 湯煎して柔らかくしたシアバターを、全身と顔にマッサージしながらつけていきます。
  6. シアバターがすべて浸透するまで、15分そのままにします。

サボンノワールのシェービング

サボンノワールは、髭剃りにも使われます。
ピーリング効果があり、自然な仕上がりに。

1週間に2度行うのがおすすめです。

伝統的なアフターシェイブローションは、ムスクとヘリオトロープのローション。
もしくは、オリエンタル・ベチバーが用いられるそうです。

やり方

  1. 髭剃りブラシで黒石けんを泡立て、首と顔につけます。
  2. 泡をとるように、カミソリで髭をそっていきます。

間違って傷をつけてしまったら、ミョウバンでお手当てを。

 こちらも! 

アラブ地域の蒸気風呂(スチームバス)ハマムは娯楽的な公衆浴場。美容大国モロッコのハマムは日本の銭湯に近く、心身の癒しの場です。エステサロンを兼ねていて、垢すりやマッサージ、キャラメル脱毛などのエスティシャンが、美肌作りのボディケアが体験できます。
モロッコの市場では、スパイスなどの食品と美容グッズが同じ店に並んでいます。アラブ諸国では、香辛料も伝統的な生薬も同じ植物であることから、一緒に扱うようになったそうです。植物や鉱物由来のコスメが、スパイス屋においてあっても、不自然ではないのです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク