肌に優しい砂糖とレモンで作るキャラメル脱毛

キャラメル、といっても、食べるためではありません。

キャラメルは、クレオパトラも愛用したという脱毛剤です。

材料は、ハチミツと砂糖、レモン汁、水とシンプル。
これらを煮詰めるだけで、作り方も簡単です。

弱火で煮詰め、焦げ色がついてとろりとしてきたら火からおろします。
これを冷まし、やわらかめのキャラメルのようになったら、できあがり。

ただ、鍋を火からおろすタイミングが重要。
煮詰めすぎると、カチカチの飴になってしまいます。

できあがったキャラメルは、ワックスの要領で使います。
根毛の流れにそって皮膚につけ、逆の方向に引っ張りながら脱毛します。

砂糖を煮詰めたキャラメルを使った脱毛は、『千一夜物語』にも登場します。

第32夜の「アニス・アル・ジャリスとアリ・ヌールの物語」です。

王から、「美しいだけでなく、知性的で性格のいい、世界にまたとないような若い女奴隷(←この表現は何ですが)を連れてくるように」と命を受けた大臣は、アニス・アル・ジャリスと呼ばれる理想的な乙女を探し当てました。

大臣は、彼女を自分の御殿に連れて帰り、ゆっくり休息をとらせてから、王に会せようと考えます。

そして、邸宅のハマムで、アニス・アル・ジャリスは格別なお手入れをしてもらいます。

手足と髪をきれいに洗い、マッサージをほどこした後、キャラメル状にした砂糖の練り物で丁寧に脱毛し、ムスクで香りづけした液体で髪をしなやかにし、ヘンナで手足の指の爪を染め……

ところで、キャラメルを使った方法は、フランスで「オリエンタル脱毛」と呼ばれ、ポピュラーです。
キャラメル脱毛専門のサロンもあります。

生命と豊かさのシンボル、はちみつをふんだんに使った脱毛は、結婚式の前夜など、特別な日に行われるとか。

甘いキャラメルの香りに包まれてのお手入れは、ハッピーな気分になりますよ。

数世紀も前から受け継がれているアラブの脱毛法。ぜひお試しを!

※Health & Beauty Review(講談社)のブログ「イスラム美容研究」で掲載された記事に加筆しました。

投稿記事下

シェアする