ニキビのケアにガスールのパックとハーブ化粧水

ニキビのお手入れのハーブを使って手作りコスメで。

簡単なのは、亜麻仁油をつけるだけのケア。
就寝前に毎晩、亜麻仁油を、ニキビにつけます。

ガスールのパックはニキビに効果があるといわれています。


バジルのガスールのパック

鍋に水(250ml)とバジル(25g)を入れて沸騰させ、火を止めて10分おきます。
冷めたらバジルを取り出し、こします。
ガスール(大さじ3)に煎じ液を加えていき、パックのかたさにします。
洗顔後の顔にぬり、20分そのままにし、ぬるま湯で流します。


ナツメグの洗浄ガスールパック

ガスール(小さじ1)にローズウォーターを少しずつ注ぎ、パックの固さにします。
ナツメグの粉末(小さじ1)を混ぜ、レモン汁(小さじ1)を加えます。
固さはローズウォーターで調整を。
洗顔後、これをニキビにつけて、10分したらお湯で流します。


ニキビのガスールの湿布

ガスールに水を少し加えて溶かし、これをコットンにつけて、ニキビに湿布します。
10分ほどおきます。
仕上げに、ローズウォーターにアルガンオイルを1滴混ぜたローションをつけます。


日常のお手入れにはハーブのローションを。


サポナリアのローション

半リットルの熱湯に、サポナリア(25g)とラベンダー(25g)を入れ、15分蒸らします。
冷めたら、茶こしでこし、容器にうつします。

シャンプーにも使えます。


ゴボウのローション

ゴボウ茶で作ってもOKです。

水(500ml)とゴボウ(40~60g)を鍋に入れて火にかけ、煎じます。
冷めたらゴボウを取り出し、容器にうつします。
この煎じ液を1日2回つけます。


ジュニパーのローション

ジュニパーの黄色い小枝を使いますが、代わりにジュニパーベリーでも。

鍋に水(500ml)とジュニパーベリーの(35g)を入れ、火にかけて沸騰させ、10分煎じます。
冷めたら茶こしでこして、容器に入れ替えます。
洗顔後のローションとして、日常のお手入れに。
もしくは、このローションを温湿布として、ニキビや吹き出物につけます。


ボックスウッドのローション

鍋に水(500ml)とボックスウッド(50g)を入れて火にかけ、半分になるまで煎じます。
火を止め、冷めたらボックスウッドを取り出し、茶こしでこして、瓶に入れます。
洗顔後の毎日のお手入れに使います。


ワイルドパンジーのニキビ用の湿布

鍋に水(500ml)とワイルドパンジー(30g)を入れて沸騰させ、火を止めて10分ほどおきます。
冷めたら、茶こしでこして、容器にうつします。
この煎じ液をコットンにつけて、ニキビを湿布します。
週3回行うと、効果的だそうです。

投稿記事下

シェアする