ビール酵母で皮脂バランスを整え透明感のある肌に

ビタミンやミネラルが豊富なビール酵母とガスールのパックは、皮脂や水分バランスを改善させます。


ビール酵母のガスールのパック

ガスール(大さじ1)に少量の水を注いでふやかします。
ビール酵母(大さじ1)を加えて、よく混ぜます。
これを顔につけて30分そのままにし、洗い流します。

肌の古い角質を取り除く、軽いゴマージュ効果もあるパックです。


もうひとつは、くすみのない透明な肌を作るパック。

汚れを落とし、過剰な皮脂腺分泌物を取り除きます。


ビール酵母のパック

ビール酵母(小さじ3)にウスベニツメクサの粉末(小さじ1弱)を混ぜます。
ローズウォーターを少しずつ加えて、パックのかたさにします。
これを洗顔後の顔につけ、20~30分そのままに。

お湯で流し、後はいつものお手入れを。


余談ですが、モロッコのビール事情を。

モロッコはイスラム教徒が多く、アルコールを飲まないのでは?
と思う方もいるかもしれませんが、お酒を飲む人もけっこういるのです。

ネットで見つけました情報によると、モロッコのひとり当たりのビール消費量は年間2.5リットル。
アルジェリアは年間ひとり当たり4リットル、チュニジアは10リットルなので、他の北アフリカの2つの国に比べて、モロッコのビール消費量は決して多くはありませんね。

2013年のモロッコ国民の年間のアルコール消費量は1億3000万リットル。
ビールは8000万リットルで、全体の44%を占めています。ちなみに、ワインは36%です。

ただ、モロッコのビール消費量は減少傾向にあり、2009年には1億リットルだったのが、2012年には8000リットルに減りました。

モロッコのビールとしては、「カサブランカビール」が知られています。

投稿記事下

シェアする