モロッコ式手作りコスメでくすみのない透明肌に

くすみのある肌は、老けた印象を与えてしまいますね。

ハーブや身近な食材を使って、明るく透明感のある肌を取り戻しましょう。

●キュウリのパック

キュウリ1本をミキサーにかけるか、すりおろします。
グリーンクレイ(大さじ2~3)を少しずつ加えて、パックのかたさにします。
これを顔につけ、15分したら流します。

グリーンクレイの代わりに、ガスールを使ってもOKです。
粉末のガスールであれば、少しずつキュウリに加えます。
固形の場合は、水を入れて柔らかくしてから、キュウリにまぜます。

●ローズウォーターと糠のパック

糠(大さじ1)にローズウォーター(大さじ2)を加えて混ぜます。
これを洗顔後の顔につけ、15分したら、水で流します。
後は、化粧水などいつものお手入れを。

・オートミールのパック
汚れを落とし、明るい肌色をよみがえらせます。

鍋に水(30ml)とオートミール(大さじ2)を入れ、沸騰させ、5分ほど煮ます。
しばらくそのままにし、冷めたらこします。
洗顔後の顔にオートミールの液をぬり、15分そのままにして、流します。

●ビール酵母のパック
汚れを落とし、過剰な皮脂腺分泌物を取り除くそうです。

ビール酵母(小さじ3)にウスベニツユクサの粉末(小さじ1弱)を混ぜます。
ローズウォーターを少しずつ加えて、パックのかたさにします。
これを洗顔後の顔につけ、20~30分そのままに。
お湯で流し、後はいつものお手入れを。

●カマクサケマンのパック
日本では手に入りにくいようですが、カマクサケマンという植物も、くすみを取り除くのには有効。

マグカップ1杯の熱湯にカラクサケマン(小さじ2)を入れて蒸らします。
10分ほどしたら、茶こしでこします。
容器にガスール(大さじ2)を入れ、この煎じ液(大さじ2)を加えます。
アルガンオイルを少しずつ混ぜ、パックのかたさにします。
洗顔後の顔につけ、20分パックして、ぬるま湯で流します。

●セイヨウタンポポのローション
敏感肌用に向いています。

水(500ml)とセイヨウタンポポの根(40g)を鍋に入れて火にかけ、沸騰したら、20分ほど煎じます。
火からおろして、冷めたら、茶こしでこして、容器に移します。
洗顔の後に、日常のローションとして使います。

タンポポの根で作るのですが、タンポポ茶で代用してもOK。
タンポポ茶の場合は、タンポポ茶の量は15g、煎じる時間は10分ほどです。

日本ではなかなか手に入らないのですが、アイリスの根茎オリスルートもくすみを取る働きがあるそうです。
モロッコでは、美白とまではいかなくても、明るい肌を目指して、オリスルートをでコスメに利用するといいます。

ひとつは、保湿デイクリーム。

アロエ・ヴェラ(小さじ1/2)に、オリスルートパウダー(小さじ1/2)を混ぜ合わせるだけ。
これを洗顔して化粧水で整えた肌につけます。

次は、オイリースキン向けの夜用オイル。

ホホバオイル(小さじ1/2)にオリスルートパウダー(小さじ1/2)を混ぜ合わせます。
洗顔して化粧水をつけた後、このオイルをしみこませ、一晩そのままにしておきます。
水分バランスを整え、翌朝の素肌はなめらか。明るい顔色をキープすることができます。

モロッコの先住民族ベルベルの女性たちは、明るい顔色と透明感をキープするために、帆立貝の殻をクレンジングとして使っていたそうです。

帆立貝の殻は除菌作用で知られ、日本では洗濯剤などに使われていますね。

日本で販売されている洗濯用の帆立貝の殻は、美容に使用不可ですが、とりあえず、帆立貝の殻のクレンジングの作り方を紹介します。
トラブル肌や、くすみが気になる肌に理想的だとか。

帆立貝の殻2つを粉にし、水とレモン汁を混ぜ合わせます。
そのままにし、2日後に白ブドウの汁を数滴加えます。
これをクレンジングローションとして使います。