牛乳や卵のパックでカサカサ乾燥肌にうるいを

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

乾燥肌を潤すリッチなパック

 
 このページで紹介する手作りコスメ
 

かさついたり、かゆかったり、肌の乾燥は悩みの種ですね。

乾燥しがちな気候のモロッコでは、肌をしっとりうるおすケアが欠かせません。
モロッコ美容には、肌の乾燥を防ぎ、潤いを与えて美肌を作るケアがいろいろあります。

モロッコの粘土(クレイ)のガスールは、肌の汚れも落とし、しっとりなめらかな肌を作ります。

スポンサーリンク

牛乳とローズウォーターの保湿パック

保湿効果のあるローズウォーターを加えたガスールのパックは、優しい香りで気持ちも落ち着きます。

スイートアーモンドオイルを少し加えると、肌がしっとりします。

材料

ガスール … 大さじ2
牛乳 … 大さじ1
ローズウォーター … 大さじ1

作り方

  1. ガスールにローズウォーターを加え、柔らかくします。
  2. 牛乳を混ぜます。

使い方

洗顔後の顔にこれをつけ、20分そのままにします。
パックが終わったら、ぬるま湯で流します。

乾燥を防ぐクローブのガスールパック

肌の乾燥を防ぐ働きでしられるクローブを使ったガスールのパックは、乾燥しやすい季節に。

材料

ガスール … 大さじ2
クローブの粉末 … 小さじ1
ローズウォーター … 大さじ3ぐらい

作り方

  1. ガスールにローズウォーターを混ぜ、柔らかくします。
  2. クローブの粉末を加え、混ぜ合わせます。

使い方

これを洗顔後の顔にぬり、15分ほどパックします。
ぬるま湯で流します。

リッチな乾燥肌向け保湿パック

ガスールがなくても、栄養たっぷりのおなじみ食材のパックで、保湿力をアップできます。
使うのは、卵黄と生クリーム、そして、オリーブオイル

カサカサやかゆみを鎮め、もちもち肌がよみがえりますよ!

材料

卵黄 … 1個
オリーブオイル … 小さじ2
生クリーム … 小さじ1

作り方

  1. 卵黄を溶いて、もったりさせます。
  2. これに、オリーブオイルと生クリームを加え、よく混ぜ合わせます。

 こちらも! 

「モロッコの黄金」アルガンオイルは、皮膚細胞再生と抗酸化作用にすぐれ、若々しく弾力のある素肌を保ちます。美容効果の高いアルガンオイルのスキンケアを紹介。ハーブやガスールと組み合わせることでより効き目がアップする、使い方をマスターしましょう。
かさつく肌がしっとり潤うローションを紹介! 肌の乾燥を防ぎ、潤いを与えるモロッコ式スキンケアの基本はハーブ。ブルーマロウ、ジャーマンカモミール、ローズヒップ、マリーゴールド、リンデンといった保湿効果が高いハーブの化粧水でなめらかしっとり肌に。
モロッコ美容の手作りコスメ! モロッコでもオートミールは大活躍。オートミールのスキンケアを紹介します。食べるだけでなく、かゆみや皮膚の炎症を抑え、肌を清浄する働きがあるといわれ、ヨーグルトとはちみつを加えたパックはカサカサ乾燥肌をもっちり美肌に。
疲労肌の回復に効果的なハーブやデーツを使ったモロッコ手作りコスメを紹介します。ナツメヤシの実デーツのパック、ホップやリンデンを煎じたローションは、疲れた肌を元気によみがえらせます。ローズマリーのローション&パックで肌の疲れを解消!
スポンサーリンク
スポンサーリンク