毛穴の汚れを落とし保湿するモロッコのガスール

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

ガスールの効能と使い方

 
 このページで紹介する手作りコスメ
 

モロッコ特産のクレイ、ガスールを使ったパックをご紹介します。

スポンサーリンク

ガスールの万能パック

ローズウォーターオレンジの花水はちみつアルガンオイル、牛乳、レモンが入った、リッチなパックです。

材料

ガスール … 大さじ1
ローズウォーター … 小さじ1強
オレンジの花水 … 小さじ1強
はちみつ … 小さじ1
レモン汁 … 小さじ1弱
牛乳 … 小さじ1
アルガンオイル(もしくはスイートアーモンドオイル) … 小さじ1ぐらい

作り方

  1. ガスールに、ローズウォーターとオレンジの花水を加えて、柔らかくします。
  2. そこに、はちみつ、レモン汁、牛乳を加えます。
  3. 最後に、アルガンオイルで固さを調整し、パックの固さにします。

使い方

これを洗顔後の顔につけて、20分ぐらいパックし、ぬるま湯で流します。

アルガンオイルとレモンのガスールのパック

毛穴の汚れを落とすガスールに、保湿力も高いアルガンオイルと、ビタミンCたっぷりのレモンを加えたパックは、さっぱりなめらかな肌に仕上げてくれます。

このパックにはちみつ(大さじ1)を加えると、よりしっとりします。

材料

ガスール … 大さじ2
水 … 大さじ1
アルガンオイル … 大さじ1/2
レモン汁 … 小さじ1

作り方

  1. ガスールに水を混ぜて、柔らかくします。
  2. アルガンオイルとレモン汁を混ぜ合わせます。

使い方

洗顔後の顔につけ、ガスールが乾くまで15分ほどパックします。
ぬるま湯で流します

白ガスールの敏感肌用の鎮静パック

グレーが一般的ですが、モロッコでは、顔のお手入れに白いガスールを用います。
写真はモロッコで購入した白ガスールです。

白ガスールは粒子が細やかで、パウダーのよう。
肌を傷つけず、やさしく汚れを落とし、くすみのない透明感のある肌にします。

白ガスールとアルガンオイル、スパイスを使った、リッチな敏感肌用の鎮静パックです。

材料

白ガスール … 大さじ2
コリアンダー … 5粒
クローブ … 2個
安息香の粉 … 少量
卵黄 … 1個
アルガンオイル … 大さじ1

作り方

  1. ガスールに水を加え、クリーム状の生地にします。
  2. 粉末にしたコリアンダーとクローブを加えます。
  3. さらに、安息香の粉、溶いた卵黄、アルガンオイルを混ぜ合わせます。

使い方

これを洗顔後の顔にぬり、15分間パックします。

 こちらも! 

粘土(クレイ)ガスールはモロッコ美容の手作り化粧品に欠かせない素材。ガスールの効能・効果と手作りパックを紹介します。洗浄効果のあるガスールはシャンプーに使われます。マグネシウムなどミネラルが豊富で、肌に浸透しやすく、美しい肌をよみがえらせます。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。モロッコの粘土ガスールを材料にした、ベタつく顔のテカりを解消する秘伝パックの紹介です。洗浄と保湿の効果が高いガスールはベタベタ肌におすすめ。キュウリ、セイヨウタンポポやセージなどを加えたスキンケアです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク