ガスールとハーブのパックでオイリー肌を改善

オイリー肌をすっきりさせるには、ガスールのパックがおすすめです。


アルガンオイルとレモンのガスールのパック

ガスール(大さじ2)に水(大さじ1)を混ぜてふやかします。
ここに、アルガンオイル(大さじ1/2)とレモン汁(小さじ1)を加えます。
洗顔後の顔につけ、ガスールが乾くまで15分ほどパックします。
ぬるま湯で流します。

はちみつ(大さじ1)を加えると、よりしっとりします。


オイリー肌向きのハーブを加えたガスールのパックは、すっきりしますよ!


セージのガスールのパック

殺菌効果のあるセージのパックです。

鍋に水(カップ1)とセージ(20g)を入れて沸騰させ、火を止めて15分ほどそのままにします。
ガスール(大さじ2)、スイートアーモンドオイル(小さじ1)、脱脂粉乳(小さじ1)を混ぜ合わせます。
これに、セージの煎じ液を少しずつ加え、パックのかたさにします。
洗顔後の顔にぬり、30分パックしたら、ぬるま湯で流します。


ワイルドタイムのガスールのパック

鍋に水(カップ1)とワイルドタイム(30g)を入れて沸騰させ、火を止めて15分ほどそのままにします。
ガスール(大さじ3)にキュウリの汁(1/4本分)を混ぜます。
ワイルドタイムの煎じ液を少しずつ加えて、パックのかたさにします。
これで25分パックして、ぬるま湯で流します。


セイヨウタンポポのガスールのパック

汚れを落として透明感のある肌に。

セイヨウタンポポ(大さじ4)をフードプロセッサーにかけます。
ガスール(大さじ2)に水(大さじ1)を混ぜてふやかします。
ここにセイヨウタンポポを加えます。
洗顔後の顔に30分パックし、水で流します。

生のタンポポの葉を使いますが、タンポポ茶でもOK。
タンポポ茶の場合は、カップ1杯ほどのタンポポ茶を作り、ガスール(大さじ2)に少しずつ加え、パックのかたさにします。

セイヨウタンポポの煎じ液は、オイリー肌の保湿ローションにも。

投稿記事下

シェアする