キュウリの手作りコスメはオイリー肌とくすみに

キュウリはモロッコのサラダにもよく登場する野菜。
日本のキュウリの旬は夏で、体を冷やす作用がある野菜として知られていますね。

食材を使ったオイリー肌用ガスールのパックとしては、キュウリとアルガンオイルがおすすめです。


キュウリとアルガンオイルのガスールのパック

キュウリ(1本)をミキサーにかけます。
これにアルガンオイル(小さじ1ほど)を加えて、混ぜ合わせます。
ガスール(大さじ2)を少しずつ加えていき、固さを調整します。
洗顔後の顔に15分パックして、冷たい水で流します。


パックの後はローションですっきりと。


キュウリのローション

キュウリ(1本)をフードプロセッサーにかけるか、すりおろします。
汁を濾して、同量のアルコール(40°)に混ぜます。


キュウリのトニックローション

キュウリ(1本)を小さな角切りにします。
鍋に水(200ml)と角切りキュウリを入れ、弱火で煮ます。
煮えたら火からおろし、冷まして濾します。


キュウリはくすみのない透明な肌を作る効果も。


キュウリのパック

キュウリ1本をミキサーにかけるか、すりおろします。
グリーンクレイ(大さじ2~3)を少しずつ加えて、パックのかたさにします。
これを顔につけ、15分したら流します。

グリーンクレイの代わりに、ガスールを使ってもOKです。
粉末のガスールであれば、少しずつキュウリに加えます。
固形の場合は、水を入れて柔らかくしてから、キュウリにまぜます。

投稿記事下

シェアする