オイリー肌を整えるハーブの手作りローション

オイリー肌をすっきりさせ、保湿するハーブのローションはこちら。


ミントのローション

鍋に水(250ml)とミント(20g)を入れて沸騰させ、火を止めて10分ほどそのままにします。
冷めたら茶こしでこして、容器にうつします。

ミントの煎じ液を湯船に加えて入浴すると、活力が与えられ、器官が強壮されます。


セージとフェンネルのローション

鍋に水(250ml)、フェンネル(10g)とセージ(10g)を入れて沸騰させ、火を止めて15分ほどそのままにします。
冷めたら茶こしでこして、容器にうつします。


フキタンポポの潤いローション

鍋に水(500ml)とフキタンポポ(30g)を入れて沸騰させ、火を止めて15分ほどそのままにします。
冷めたら茶こしでこして、容器にうつします。


ローズマリーの毛穴を引き締めローション

鍋に水(500ml)とローズマリー(30g)を入れて沸騰させ、10分ほど煎じます。
冷めたら、こして、容器にうつします。


ローズマリーとレモンのトニックローション

鍋に水(500ml)とローズマリー(大さじ1)を入れて火にかけ、半分の量になるまで煎じます。
冷めたら、ローズマリーを取り出し、こします。
この煎じ液にレモン汁(1個分)を加えます。
冷蔵庫で約8日間保存可能です。


ラベンダーのオイリー肌ローション

鍋に水(500ml)とラベンダー(40g)を入れて沸騰させ、火を止めて10分ほどおきます。
冷めたら、こして、容器にうつします。


手に入りにくいかもしれませんが、ビターオレンジの花と葉もトニックローションに。


ビターオレンジの花と葉のトニックローション

鍋に水(500ml)とビターオレンジの花と葉(50g)を入れて沸騰し、火を止めて15分ほどおきます。
冷めたら、こして、容器にうつします。


野イチゴの葉とバラの花びらのトニックローション

鍋に水(250ml)、野イチゴの葉(5g)とバラの花びら(5g)を入れて沸騰させ、10分煎じます。
冷めたら茶こしでこして、容器にうつします。
朝晩のお手入れに、ローションとして使います。


これらハーブの煎じ液は、冷蔵庫で5日間保存可能です。

投稿記事下

シェアする