モロッコの希少ウチワサボテンオイルで肌を潤す

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

ウチワサボテンオイルの使い方!

 
 このページで紹介する手作りコスメ
 

アルガンオイルにつづくモロッコの優れオイルとして注目されている、ウチワサボテンオイル

ウチワサボテンオイルを使ったスキンケアをご紹介します。

スポンサーリンク

ウチワサボテンの毛穴の黒ずみ除去マッサージ

ウチワサボテンオイルにローズウォーターを少し加え、これで顔と首をしっかりマッサージするだけ。

ベタつく肌にウチワサボテンオイルとガスールのパック

オイリー肌には、ウチワサボテンオイルとガスールのパックがおすすめ。
肌の皮脂分泌のバランスを正常にし、さっぱりさせながらも、うるおいを残すパックです。

材料

ウチワサボテンオイル … 小さじ1
ガスール … 大さじ2
ローズウォーター … 大さじ1~2

作り方

  1. ガスールにローズウォーターを少しずつ加え、少しかためのクリーム状にします。
  2. ここにウチワサボテンオイルを加え、混ぜ合わせます。

使い方

洗顔後に、これを顔と首につけて、15分ほどおきます。
ぬるま湯で流し、化粧水などいつものお手入れを。

疲れ肌を癒すウチワサボテンオイルのフェイスケア

どのタイプの肌にも適した、疲れた肌を癒すお手入れも。

用意するのは、黒石けん、ウチワサボテンサボテンオイル、はちみつ
黒石けんはなかなか手に入らないので、アレッポ石けんなど、オリーブの石けんで代用しましょう。

このお手入れを週1回、3か月つづけると、くすみが消え、明るい透明感のある肌がよみがえるそうですよ。
はちみつのパックにも、キズや炎症などを癒し、シワを目立たなくして、弾力性のある元気な肌にする働きがあります。

まず、クレンジングでメイクを落とし、顔をお湯で湿らせ、黒石けんをつけます。
円を描くように顔と首をマッサージし、2分ほどパックし、ぬるま湯で流します。
ウチワサボテンオイルを顔と首、デコルテにつけ、血液とリンパの流れを促進させるようにやさしくマッサージします。
さらに、はちみつを顔と首、デコルテにつけて、5分パックします。
お湯ですすいだ後は、ウチワサボテンオイルをうすくぬります。

 こちらも! 

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピです。アルガンオイルやボリジオイル、ローズウォーター、オレンジフラワーウォーターなどを材料にした秘伝スキンケアを紹介。ローズマリーなど保湿効果の高いハーブで、シワやたるみを防ぎ、若々しい肌を保ちましょう。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。ハーブを材料にした、セルライト除去の秘伝オイルの紹介です。セルライトに効くのが、老廃物を排泄するフェネグリークや、マジョラム、バーチ、ボリジ、ウチワサボテン、ヨウシュイボタ、イングリッシュアイビーなど。

関連記事

粘土(クレイ)ガスールはモロッコ美容の手作り化粧品に欠かせない素材。ガスールの効能・効果と手作りパックを紹介します。洗浄効果のあるガスールはシャンプーに使われます。マグネシウムなどミネラルが豊富で、肌に浸透しやすく、美しい肌をよみがえらせます。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。モロッコの粘土ガスールを材料にした、大人ニキビ解消のパックを紹介します。ガスールは毛穴の汚れを落とし、皮脂分泌を調整するだけでなく、保湿効果もあり、大人ニキビに最適。バジルやナツメグを加え、スベスベ肌に。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。モロッコの粘土ガスールを材料にした、ベタつく顔のテカりを解消する秘伝パックの紹介です。洗浄と保湿の効果が高いガスールはベタベタ肌におすすめ。キュウリ、セイヨウタンポポやセージなどを加えたスキンケアです。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。砂糖やアーモンドパウダー、すりごまなどを材料にしたスクラブを紹介。シュガースクラブ、アーモンドパウダーとオレンジ花水のピーリング、すりごまとオリーブオイルのゴマージュで、古い角質を除去してなめらか肌に。
スポンサーリンク
スポンサーリンク