オレンジ花水でリフレッシュし幸運を引き寄せる

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

オレンジ花水の使い方

 
 このページで紹介する手作りコスメ
 

先日会ったモロッコ人は、「モロッコ菓子にはオレンジ花水が欠かせない。春にはオレンジの花にあふれるんだよ」と教えてくれました。

ここでいうオレンジは、ビターオレンジのこと。
モロッコをはじめ北アフリカの人々は、幸運をもたらすといわれているオレンジの花をつねに周りにおいています。

アルジェリアでは、春の到来を祝い、ビターオレンジの花をベースにしたジャム作りを家族で楽しむそうです。
ビターオレンジの花、砂糖とレモン汁だけのジャムは、おいしいだけでなく、体内の老廃物を排除し、元気を回復する効果もあるそうです。

ビターオレンジの花から精油(ネロリ)を抽出するときにできる蒸留水がオレンジ花水(オレンジフラワーウォーター)です。
ネロリはとても高価ですが、オレンジ花水は日常的に使いやすい。

モロッコでは、ジュースのようにガラス瓶に入ったオレンジ花水が、スーク(市場)で売っていました。

北アフリカでは、オレンジ花水で牛乳を香りづけし、乳児の身体を拭く習慣がそう。

食後の居間にふりまいたり、手を洗うときに使われたり、宗教的な儀式にも登場します。

オレンジ花水は、お菓子をはじめ、さまざまな料理や飲み物の香りづけにも用いられます。

ビターオレンジの花を煎じれば、オレンジ花水ができあがります。

日本ではビターオレンジの花を大量に手に入れるのは難しいのですが、ビターオレンジの花の手作りコスメをご紹介します。
オレンジ花水で代用できますよ。

スポンサーリンク

ビターオレンジのオイリー肌用トニックローション

材料

ビターオレンジの花と葉 … 25g
ミネラルウォーター … 250ml

作り方

  1. ミネラルウォーターを沸騰させます。
  2. ビターオレンジの花と葉を入れ、弱火で15分煎じます。
  3. 火を止め、冷めたら茶こしでこします。

使い方

洗顔後のトニックローションとして使います。

オレンジ花水の乾燥肌用のガスールパック

材料

オレンジ花水 … 大さじ2
アルガンオイル … 大さじ1
ガスール … 大さじ2

作り方

  1. ガスールに、オレンジ花水を加えます。
  2. ガスールがふくらんだら、アルガンオイルを少しずつ混ぜ、パックの固さにします。

使い方

洗顔後の顔にガスールをぬり、15分パックして、ぬるま湯で流します。

ビターオレンジの花の入浴剤

材料

ビターオレンジの花 … 250g
水 … 2リットル

作り方

  1. 水を入れた鍋を火にかけ、沸騰したらビターオレンジの花を鍋に入れます。
  2. 弱火で15分ほど煎じます。
  3. 火を止め、濾して、浴槽に注ぎます。水で温度を調整します。

 こちらも! 

バラの生産地モロッコ!精油を抽出するときにできるローズウォーターは、日常的によく使われます。ローズウォーターは水分のバランスを整え、潤いのある肌に。シワも目立たなくします。目の疲れや目の下のクマの解消にも。バラたっぷりのオイルは上がり湯に。
スポンサーリンク
スポンサーリンク