砂糖やアーモンドパウダーのスクラブでツル肌に

最近話題のシュガースクラブ。
モロッコ美容にもあるのです。

その前に、砂糖の歴史を少し。

イスラム世界では、7世紀ごろサトウキビの栽培が伝来し、砂糖精製技術が発達、砂糖を取り入れた豊かな食生活が普及していったそうです。

その昔、砂糖は薬としても用いられていたといいます。

砂糖水は、そのままならお腹の調子を整え、アーモンドパウダー入りはやる気を起こさせ、バター入りはデトックスと腹痛緩和の働きがあるとのこと。

ローズウォーターなどフラワーウォーターを加え、“健康ドリンク”として飲まれていたそうです。

スクラブの作り方は超簡単。


シュガースクラブ

お砂糖(大さじ2)にぬるま湯を混ぜるだけ。
ぬるま湯の温度が高いと、お砂糖が溶けてしまうので気をつけて。

これでマッサージして、冷水で流します。

お砂糖は、ブラウンシュガーやきび糖などもおすすめです。


そのほか、モロッコ美容の天然素材スクラブ(ゴマージュ)は、アーモンドパウダー、亜麻の実、小麦ふすま、糠などが使われます。

アーモンドとオレンジの花水は、毛穴の汚れや角質を取り除くマイルドなピーリングに。
オレンジの花水には、肌の加齢を遅くする効果もありますよ!


アーモンドとオレンジの花水のスクラブ

アーモンドパウダー(大さじ1強)とオレンジの花水(大さじ1)を混ぜます。
スイートアーモンドオイルを少し加え、乳液状にします。
これで顔をマッサージ。小鼻やあごも丁寧に。
ぬるま湯で流します。

ただし、ナッツアレルギーの方は絶対にやらないでくださいね。


子どものころ読んだ『千一夜物語』のなかで、一番好きだったのは「アリババと40人のどろぼうたち」。
アリババの魔法の呪文「開けゴマ!」は、いまでも何か開かないときに、つい心のなかで唱えてしまいます。

ごまはアラブ地方が起源の植物。
丸くて平たい小さな種が、いわゆる”ごま(胡麻)”です。

そのまま生でも使いますが、炒ったり、細かく挽いたりして用いられます。

ごま油は、レシチンが豊富で、抗酸化作用のあるビタミンEを含み、美肌作りにも最適。
古代バビロニア人がセサミオイル(ごま油)で肌と髪をお手入れしていたとの記録もあるそうです。

ごまは心身の贅沢なグルメ素材なのです。

台所にあるすりごまとオリーブオイルで簡単に作れるのが、ごまのフェイス用スクラブ。


ごまのスクラブ

すりごま(大さじ1)にオリーブオイルを加えるだけ。
これで顔をやさしくマッサージすれば、ピーリング効果で汚れを落とします。
鼻やおでこは特に念入りに。

マッサージの後は洗い流して、いつものお手入れを。

投稿記事下

シェアする