モロッコ流ハーブのケアでシミ・ソバカスを解消

美容大国モロッコに伝わる、ハーブやアルガンオイル、ガスールなど天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。簡単で実用的なレシピもたくさん!

シミ・ソバカスの悩みは万国共通。
モロッコ美容やアラビアンビューティーで使われるハーブのなかには、シミ・ソバカスを目立たなくする作用がある植物が数種あります。

日本では手に入りにくいものもありますが、次のようなハーブです。

パセリフェネグリーク白ブドウ、ビタミンCが豊富なキンレンカ、ショウガオールを含むショウガ、保湿効果で知られるパリエタリアホアハウンドウスベニツメクサなどなど。


パセリのフェイスローション

おなじみの野菜パセリは、ビタミン類やミネラルが豊富で、シミを薄くする美肌効果で知られています。

パセリ(大さじ1)に300mlの熱湯を注ぎ、20分そのままに。
冷めたら茶こしなどでこして、レモン汁を少々加えます。

この煎じ液で朝と夜に手を洗うと、手のシミも目立たなくなります。


フェネグリークとハニーレモンのパック

フェネグリークは皮膚細胞を再生し、保湿する作用があり、シミ・ソバカスを薄くします。
ビタミンCたっぷりのレモンもシミを目立たなくする働きがあり、はちみつは肌にうるおいを与えます。

フェネグリークの粉末(大さじ1)とはちみつ(大さじ1)を混ぜ合わせ、レモン汁(数滴)を加えて、パックのかたさにします。
洗顔後、これをシミの部分につけ、20分そのままにし、ぬるま湯で流します。


白ブドウのシミ解消の美容液

白ブドウを発酵させて使います。
数週間で、シミは目立たなくなるそうですよ!

白ブドウ(500g)の皮をむいて、果実から種を取り除きます。
ブドウを密封容器に入れ、40日間そのままにし、発酵させます。
泡が出てくるので、それを取り除いてから、濾して別の容器にうつします。
これにローズウォーター(大さじ4)を加えます。

できあがった美容液を、綿棒でシミの部分につけます。
保管は、高温多湿は避け、涼しいところで。


パリエタリアのフェイスローション

パリエタリアは保湿効果で知られ、シミ・ソバカスを薄くするといわれています。

鍋に半リットルの水とパリエタリア(30g)を入れて火にかけ、沸騰したら10分ほど煎じます。
冷めたらこして、茶こしで濾して、容器にうつします。
洗顔後、この煎じ液を化粧水として使います。


ウスベニツメクサ入りアルガンオイル

ウスベニツメクサはシミやくすみを解消し、透明感のある肌を作ります。
抗酸化作用の高いアルガンオイルも、シミやシワを防ぐ働きがあります。

ウスベニツメクサ(30g)を粉末にし、アルガンオイル(大さじ3)に混ぜます。
これを夜、シミやソバカスの部分につけます。

このウスベニツユクサ入りアルガンオイルを、いつも使っているクリームに配合して、シミやソバカスにつけても。


ホアハウンドの湿布

ホアハウンドはシミ・ソバカスを薄くする作用で知られています。

生のホアハウンドをつぶし、シミ・ソバカスの部分にパックします。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク