ビタミンCたっぷりイチゴで毛穴レスのツヤ肌に

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

イチゴでつるつる美肌

 
 このページで紹介する手作りコスメ
 

モロッコ美容は身近な食材で手作りしたコスメでお手入れするのが特徴です。

台所にある果物や野菜などを使ったパックで、毛穴が開きや黒ずみを改善し、きめ細やかな透明感のある肌を取り戻しましょう。

料理のときに余った端っこを上手に利用することも。

ビタミンCたっぷりの赤くかわいらしいイチゴは、若々しい素肌作りの味方です。

スポンサーリンク

ふわふわイチゴのシワ対策パック

ペルシャの女性たちは、イチゴショートケーキ風のパックをするそう。
ローズーウォーターを加えた、シワを目立たなくする贅沢なお手入れ法です。

材料

イチゴ … 2個
ローズウォーター … 適量
卵白 … 1個

作り方

  1. イチゴをつぶし、ローズウォーターを加えます。
  2. 卵白をホイップクリームのようになるまで泡立てます。
  3. ふたつを混ぜ合わせます。

使い方

顔と首にやさしく塗り、そのままにして、乾いたら洗い流します。
終了したら、普段のケアを。

イチゴとはちみつと卵黄のリッチなパック

おいしい食材をふんだんに使ったパックです。
イチゴは、毛穴の汚れを落とし、オイリー肌を改善する働きで知られています。
保湿効果のある卵黄とはちみつ、肌のベタつきをさっぱりさせるレモンも加えたリッチなスキンケアです。

材料

イチゴ … 5個
卵黄 … 1個
はちみつ … 大さじ1
レモン汁 … 小さじ1

作り方

  1. イチゴをつぶし、卵黄をよく溶きます。
  2. 卵黄、はちみつ、レモン汁をよく混ぜます。
  3. ここにイチゴを加え、むらなく混ぜ合わせます。

使い方

顔につけて、15分パックします。
ぬるま湯で洗い流し、あとはいつものお手入れを。

乾燥肌にイチゴのガスールパック

肌がちょっとアレルギー反応を起こし、ピリピリがさがさしたときに、ガスールパックを。
パック中はイチゴの香りがして、ほんわりした気持ちになりますよ!

材料

ガスール … 大さじ1
精製水 … 大さじ2
アルガンオイル …小さじ1
イチゴ … 2個

作り方

  1. ガスールに精製水を注ぎ、ふやかします。
  2. ガスールがやわらかくなったら、アルガンオイルを混ぜ合わせます。
  3. イチゴをつぶし、これに加えます。

使い方

洗顔後の顔に15分パックして、ぬるま湯で流します。

オイリー肌向けイチゴとレモンのガスールパック

ビタミンCいっぱいのイチゴはオイリー肌のケアにおすすめです。
肌をすっきりさせながらも、しっとり潤うパックです。

材料

イチゴ … 5個
はちみつ … 大さじ1
レモン汁 … 小さじ1
ガスール … 大さじ1

作り方

  1. イチゴをつぶします。
  2. はちみつとレモン汁を加え、混ぜ合わせます。
  3. これにガスールを加え、柔らかくなるまで待ちます。

使い方

洗顔後の顔に15分パックして、ぬるま湯で流します。

 こちらも! 

乾燥が激しいモロッコには、ドライスキンをしっとり潤す保湿スキンケアが数多くそろっています。モロッコでおなじみの果物メロンもで大活躍。メロンと牛乳のローション、メロン果肉のパック、メロンジュースなど、乾燥から肌を守り、水分を補うお手入れを紹介。
イチジクはモロッコで人気のフルーツ。イチジクを使ったスキンケアを紹介。モロッコの「la mahia」というイチジクのリキュールも美容に利用します。イチジクの果肉の顔色を明るくするパックは簡単で効果的。イチジク酒とガスールのパックはシワを予防。
モロッコのサラダによく登場する野菜キュウリは美容効果も高く、スキンケアに最適です。アルガンオイルをプラスした、テカりやベタベタを解消するお手入れ法を紹介します。キュウリにはくすみを取る働きも。簡単お手入れで透明感のある肌を作りましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク