ハーブでドライヘアのトリートメントシャンプー

日差しが強いと、髪の傷みが気になりますね。
乾燥しがちなモロッコでは、髪のお手入れにいろいろ工夫を凝らしているようです。

そこで、モロッコ式のハーブを使ったドライヘア向けのヘアケアをご紹介します。

ドライヘアをしっとりさせる植物は次の通り。

樺(バーチ)
ゴボウ
メリッサ
セイヨウノコギリソウ(ヤロウ)
ツゲ(ボックスウッド)
キンセンカ
ローズマリー
クルミの葉
ローマンカモミール
ジャーマンカモミール
赤ブドウの葉

これらのなかから好きなハーブを選び、トリートメントシャンプーに利用できます。
シャンプーと混ぜ合わせるのですが、シャンプーはベビー用など弱酸性~中性タイプを選びましょう。

トリートメントシャンプーの基本は次のような作り方。

鍋に水(カップ1強)とハーブ(大さじ1ぐらい)を入れて火にかけ、沸騰したら7分ほど煎じます。
冷めたら茶こしでこします。
この煎じ液と同量のシャンプーと混ぜ合わせます。

ゴボウのトリートメントシャンプーには、ゴボウ茶を利用してみてください。

鍋に、水(カップ1強)とゴボウ茶(15g)を入れて火にかけ、沸騰したら火を弱めて10分ほど煎じます。
冷めたら茶こしでこして、同量のシャンプーに加えます。

赤ブドウの葉は、ドライヘアをしっとりさせる効果も。

鍋に、水(カップ1強)と赤ブドウの葉(15gぐらい)を入れ火にかけ、沸騰したら火を弱めて7分ほど煎じます。
冷めたら茶こしでこして、同量のシャンプーと混ぜ合わせます。

イングリッシュアイビーのドライヘア用トリートメントシャンプーも。

鍋に水(500ml)とアイビーの葉(30g)を入れて火にかけ、沸騰したら火を弱め、15分煎じます。
冷めたら茶こしでこして、この煎じ液を同量のシャンプーに混ぜ合わせます。

クルミの葉もしっとりしなやかな髪に。

鍋に水(カップ1強)とクルミの葉(30gぐらい)を入れて火にかけ、沸騰したら火を弱めて7分ほど煎じます。
冷めたら茶こしでこして、同量のシャンプーと混ぜ合わせます。

アルガンオイルを加えたトリートメントシャンプーも。

ハーブは、カモミールとローズマリーのミックスです。
ハーブはドライを使っています。

鍋に、ミネラルウォーター(125ml)、カモミール(小さじ1)、ローズマリー(大さじ1/2)を入れて火にかけ、沸騰したら火を弱めて20分ほど煎じます。
冷めたらハーブをとりだし、茶こしでこします。
これを、同量のシャンプーに混ぜ合わせ、アルガンオイル(小さじ1/2)を加えます。