天然素材を使った抜け毛対策で太く元気な髪に

抜け毛が多い、髪が細くなった、という悩みは世界共通。

モロッコのガスールは、抜け毛にも効くそうです。

ガスール(大さじ3)に水を加えて、クリーム状にします。
これを髪につけてマッサージし、15分したら流します。

ガスールのパックは、シャンプーの前でも後でもどちらでもOKですよ。

抜け毛対策は、ドライヘアとオイリーヘアで微妙に違います。

ドライヘア用の抜け毛予防パックとローションをご紹介します。

ひとつは、シンプルなオリーブオイルのパック
オリーブオイルを髪全体につけるだけ。

湯煎で温かくし、少しレモン汁を加えると、なじみが良くなります。
15分そのままにして、シャンプーします。

アルガンオイルは、ドライヘアの抜け毛対策に向いています。

もうひとつのパックは、バナナとアルガンオイルで作ります。

バナナ(1本)をつぶしてクリーム状にし、アルガンオイル(大さじ1)を加えてよく混ぜます。
これを髪全体につけ、15分したら、よくすすいで、シャンプーします。

それから、アルガンオイルとローズマリーのローション。

ガラス瓶にローズマリー(小さじ2)を入れ、アルガンオイルをひたひたになるまで注ぎます。
蓋をして、そのまま2週間おきます。
ときどき瓶を上下して、中身を混ぜ合わせます。
2週間たったら、ローズマリーを取り除き、濾して別のガラス瓶に入れ替えます。

週1回または15日に1回、洗髪前にこのオイルで頭皮をマッサージを。
マッサージの後は、蒸しタオルで頭全体をくるみ、30分そのままに。
終わったらシャンプーします。

オイリーヘア向けの抜け毛対策はこちら。

ひとつは、トリートメントシャンプー。

フケを防ぎ、傷んだ傷を元気にするネトルを使います。

鍋に半リットルの水、ネトル(15g)とローズマリー(15g)を入れて火にかけ、15分煎じます。
冷めたら茶こしでこして、同量のシャンプーに加えます。
シャンプーは、ベビーシャンプーなど、弱酸性を選びましょう。

シャンプーの後のリンスは、ハトムギのローションを。

鍋に水(1リットル)とハトムギ(50g)を入れ、火にかけて沸騰させ、10分煮出します。
冷めたら濾して、プラスチック容器にうつします。
シャンプー後、この煎じ液を同量のお湯にまぜ、リンスとして使います。
量は髪の長さに合わせて、調節してくださいね。

そして、頭皮のマッサージ用ローションを2つ。

ひとつは、タイムとお酢で。

鍋に水(1リットル)とタイム(小さじ2)を入れて火にかけ、沸騰させて10分煎じます。
冷めたら濾して、プラスチック容器にうつし、お酢(大さじ4)を加えます。
このタイムのお酢のローションで、毎日頭皮をマッサージします。

それから、ゴボウ。

ゴボウ茶(40g)とシラカバ葉(40g)を混ぜ合わせます。
水(カップ1)とミックスハーブ(小さじ2)を鍋に入れて火にかけ、沸騰したら火を弱めて10分煎じます。
冷めたら茶こしでこして、容器に入れ替えます。
毎日、これで頭皮をマッサージします。

シラカバ茶が手に入らなかったら、ゴボウだけでもOK。

もうひとつは、キンレンカのチンキ剤。

ガラス瓶にアルコール(500ml)、キンレンカの葉(25g)とワイルドタイム(25g)を入れ、15日間おきます。
アルコールは35°以上のウォッカやホワイトリカーを使いましょう。
ときどき瓶を上下し、中身を混ぜ合わせます。
ハーブを取り出し、別の容器に詰め替えます。
このチンキ剤で、週2回、マッサージします。