魅惑的な赤リップで幸運を引き寄せる

モロッコの伝統的メイクは、黒と赤の二色で魅惑的な目元と口元に仕上げるのがポイント。

ヘンナやサフランで入れ墨をするよう に、アラブでは伝統的に、朱色は幸せをもたらすといわれ、赤い色に愛着があるそうです。

中世のアラブ文学では、女性の唇を崇め、ルビー、サンゴ礁、紅玉髄といった宝石と同ランクの価値で表現されています。

モロッコやアルジェリアのベルベル民族も、唇が顔のなかで最もセクシーな部分と考えています。

モロッコの女性たちは、「アケール」という植物由来の天然メイクアイテムを使って、頬や唇を赤く染めます。

原料の植物は地域によって異なり、紅花、ザクロの樹皮、ヒナゲシ、野バラ、アルカンナが用いられます。

紅花

紅花の花は、古代エジプトで染色剤や抗真菌薬として知られ、ミイラの包帯を染めるのに使っていました。
柔軟および保湿効果があり、愛らしいチェリー色に色づきます。

ザクロ

赤いフルーツのザクロは、さまざまな種類のビタミンを含み、特にビタミンCが豊富で、抗酸化作用と引き締め効果があります。

ヒナゲシ

地中海の東部が起源のひなげしは、古代エジプトの古墳からも見つかっています。
繊細で鮮やかな赤色の花びらは、唇をソフトにする作用を持つ理想的な粘膜を持っています。

アルカンナ

地中海に生息するアルカンナの根は、赤いメイクアイテムとして、昔から使われていました。
植物油に混ぜるだけで、簡単に深紅色の口紅やチークになります。
アルカンナは、「フェズの紅」とも呼ばれています。

アケールの赤色は、ピンク系から真っ赤までいろいろ。

粘土製や木製、もしくはガラス製の容器で市販されています。

この植物性メイクアイテムは、肌によくなじみ、唇に栄養を与える役割もあります。

指先を少量の水か唾液で湿らせ、容器の赤い粉の表面を軽くこすり、軽いタッチで、唇にぬります。

アケールにはちみつを少し加えると、保湿効果がアップします。

このアケールを使って、日焼けしたように輝く顔色を作るパックもあるそうです。

ガスール(小さじ2)、ハチミツ(小さじ1)、アルガンオイル(小さじ1)、卵黄1個を混ぜて、クリーム状にします。
ここにアケール(小さじ1)とローズウォーター数滴とオレンジの花水も数滴を加えます。
洗顔後の顔と首につけ、15分パックします。
ぬるま湯ですすぎます。

月1回行うといいそうですよ。

写真は、モロッコのスーク(市場)のスパイス屋で買ったアケールです。

実はまだ一度も使っていません。
いまのところ、旅の思い出として、ながめるだけにしています……。