カブサやハルヴァなどアラブ地方の料理いろいろ

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

アラブ料理はときどき食べたくなります。

以前、サウジアラビアからの留学生宅で、サウジアラビア料理カブサをごちそうになりました。

カブサはビーフ入りスパイス炊き込みご飯。

カブサ用スパイスは市販されているとのこと。
このカブサ用スパイスをはじめ、カルダモン、クローブ、ドライレモンの粉は本国から持参したそうです。
圧力鍋にお米とビーフ、スパイス類を加え、炊いて出来上がり。

これがとても美味。

さらに、ヨーグルトときゅうりを混ぜ合わせたサラダも食卓に並びました。

こちらもさっぱりしていておいしい。
スパイスとヨーグルトは、絶妙な取り合わせです。

数年前の夏、イラク南部バスラに住む友人から、「ここ1ヶ月の気温は53度。最近やっと46、7度に下がってうれしい」とメールが届きました。

しかも、電気事情は改善されていないそうで、クーラーなしの生活とのこと。
想像を絶します。

「暑い日は冷たいバスラティーを飲むのかなぁ」と思い出したのが、バスラでよく飲まれている爽やかなレモン風味の紅茶です。

いわゆるレモンティーですが、レモンスライスではなく、ブラックライムという乾燥ライムのスパイスを加えます。

日本では、ブラックレモンもしくは乾燥レモンの名で、エスニック食品ショップで手に入ります。
このブラックライム、イラク料理のスープや炊き込みご飯に酸味を加える隠し味にもなります。

果皮の部分を砕いて使い、「種を入れてはダメ。苦くなるから」と友人はアドバイスしてくれました。

冷えたバスラティーはおいしそうですが、イラクでは冷凍庫で氷が作れない状況かもしれません……。

チュニジア人からいただいた、ハルヴァというお菓子も大好きです。

かなり広範囲で食されているお菓子で、中東、北アフリカ、バルカン、ロシア、コーカサス、中央アジアなどに、さまざまな形で存在しているそうです。

写真の缶入りハルヴァは、ギリシャ製で、フランス・パリ12区のマグレブ食品店で購入しました。

タヒーニ(ゴマのペースト)50%と砂糖+ブドウ糖45%、植物油、アーモンドを練って固めたタイプです。

タヒーニをベースにしたものは、ギリシャ、イスラエル、レバノン、トルコ地方で人気なのだそう。

ゴマ味のヌガー、といった食感で、素朴な甘さ。なんとなく懐かしい味がします。

 こちらも! 

クスクスはデュラム小麦から作られた粒上のスムルに、野菜と肉で煮込んだスープをかけて食べる、モロッコの名物料理。スパイスは辛くなく、その配合はそれぞれの家で異なります。大皿にたっぷりと盛りつけ、みなでつっついて食べる、まさにモロッコの家庭料理です。
モロッコはスローフードの習慣があり、料理は肉、野菜、果物をバランスよく取り入れ、彩り鮮やかで栄養満点なのが特徴。サラダも必ず食卓に並びます。おなじみのニンジンサラダのレシピは簡単。塩レモンを使った鶏肉の煮込みレシピはタジン鍋がなくてもOK。
お茶はアラブ地域の重要な文化。昔からハーブやスパイスは医療や料理に使われ、いまでもさまざまなハーブを日常的に楽しんでいます。ハーブティーは身体の不調だけでなく、精神のバランスを整える働きがあります。モロッコでは、フラワーウォーターもドリンクに。
スポンサーリンク
スポンサーリンク