おいしいモロッコの名物料理クスクスとは?

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

イスラム教の断食月「ラマダン」中にモロッコ料理を食べる会があったのですが、日没の19時3分まで食事はおあずけ。

その後、スープとゆで卵、ムセイメン(クレープ)、パンケーキや菓子パンなどをぼちぼち食べ、ミントティーで閉めて終わりでした。

ところで、モロッコの料理といえば、クスクスです。

クスクスはモロッコ、アルジェリア、チュニジアなど北アフリカの名物料理ですが、国によってレシピや盛りつけが違います。

いまでは日本でも知名度が高まっているクスクスは、イスラムの休日である金曜日の昼に食べる料理。
現在は金曜も仕事があるのですが、昼食は自宅に戻り、クスクスを食べる人もいます。

デュラム小麦から作られた粒上のスムルに、野菜と肉で煮込んだスープをかけて食べる、モロッコの名物料理。
カレーライスにちょっと似ているかも。でも、カレー粉は使わないし、辛くもありません。

モロッコ料理をスパイシーだと思っている人は多いようですが、モロッコ人は辛い味が苦手。
クスクスのスープもスパイスは控えめ。

ニンジン、ズッキーニ、玉ねぎ、カブといった野菜の甘さが引き立ち、あっさりしています。

クスクス用のミックス・スパイスは、スーク(市場)で手に入ります。
スパイスの配合は、各家庭で違うそうです。
日本の家庭料理にそれぞれの家の味があるように、クスクスも作る人によって風味が異なります。

盛りつけですが、モロッコの場合は、大皿に(本当に大きい!)スムルをこんもりと盛り、その上に野菜たっぷりのスープをかけます。
肉(鶏肉、羊肉、牛肉など)と予備のスープは別の皿で出てきます。
そして、各自取り皿によそい、いただきます。

それを中央に置き、みなでつっついて食べるのですが、モロッコ人は手で大胆に食べます。
親指、人差し指、中指で器用につまみ、手のひらで転がしながら丸めてお団子のようにして。
教えてもらったのですが、これが難しい。
グチャグチャと汚なく崩れてしまうのです。

上手に食べられず、結局、スプーンを使いました。

以前、フランスのナンシーで、地元に住むモロッコ女性と知り合い、夕食をごちそうになりました。

メニューはクスクス。大好物!

フランスに住んで20年以上という彼女ですが、出身地カサブランカの実家の味を受け継いでいるのだと思います。
彼女が作った野菜たっぷりのクスクスは、シンプルでとてもおいしかったです。

 こちらも! 

モロッコはスローフードの習慣があり、料理は肉、野菜、果物をバランスよく取り入れ、彩り鮮やかで栄養満点なのが特徴。サラダも必ず食卓に並びます。おなじみのニンジンサラダのレシピは簡単。塩レモンを使った鶏肉の煮込みレシピはタジン鍋がなくてもOK。
モロッコお菓子のなかには簡単に手作りできるものがあります。一番人気なのが、アーモンドペースト入りの三角形の揚げ菓子ブリワット。ブリックという皮を使いますが、春巻の皮で代用できます。モロッコのマカロンはアーモンドたっぷりで昔懐かしい素朴な味。
モロッコのお菓子のレシピを紹介。”グリバはささっと作れる簡単なクッキー。アーモンドパウダー、ココナッツファイン、すりごまを使った、小麦粉なしの焼き菓子です。直径4㎝にも満たない一口サイズ。モロッコのミントティーはもちろん、緑茶にもあいます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク