お茶文化を大切にするアラブの人気ハーブティー

お茶はアラブ地域の重要な文化。
昔から、ハーブやスパイスは医療や料理に使われ、いまでもさまざまなハーブを日常的に楽しんでいます。

日本に来たイラク人の女性は、カモミールティーを飲みながら、「これ、イラクでよく飲む」と言っていました。

エジプト通の知り合いによると、エジプトでは体調が悪いとき、まずは家に常備しているハーブティーを試すそうです。

エジプトで特によく飲まれているのが、ヤンスーンのハーブティー。
ヤンスーンはセリ科のアニスのことで、その種子をお茶にします。

黄色のヤンスーン・ティーは、鎮静、駆風、解毒などの効果で知られ、腹痛、特に神経性の胃腸障害によく用いられるといいます。

頭痛、喘息や呼吸困難を和らげ、心身の強壮剤として知られ、万病薬として飲用されているそうです。
また、二日酔いにも効くそうですよ。

それから、エジプト人はハイビスカスティーが大好きで、かのクレオパトラのお気に入りだったとか。

ハイビスカスティーはクエン酸を含み、疲労回復の効果があるそうです。
エジプトでは、高血圧を抑える働きで知られているといいます。

エジプト産のハイビスカスティーは、肉体の奥深くまでしみこみそうな濃厚なルビー色。
甘酸っぱさが、渇いた心を快く刺激してくれます。

モロッコでもハーブティーはよく飲まれています。
写真は、ラバトの生活協同組合APIAで買ったハーブティー。

モロッコでポピュラーなのは、ルイーザ。
フランス語でヴェルヴェンヌ、英語でレモンバーベナと呼ばれるハーブです。

柑橘系の爽やかな香りと優しい甘さのハーブティーは、ホッとひと息、リラックスさせてくれるお茶です。

ハーブとはいえないのかもれませんが、モロッコでは、ローズウォーターやオレンジフラワーウォーターも、コーヒーなどの飲み物の香りづけとして使われます。

日本で一般的に販売されているローズウォーターやフラワーウォータは、飲料用ではないので、絶対口に入れたりしないでくださいね。

ローズウォーターやオレンジフラワーウォーターを料理や飲み物に使う場合は、バラやビターオレンジの花のハーブティーで代用できそうです。

そこで、ローズウォーターとオレンジフラワーウォーターを使ったホットドリンクをひとつご紹介します。

風邪を引いたときなど、喉がいがいがするときに効果的な飲み物です。

鍋に、ハチミツ(大さじ1)、レモン汁(大さじ1)、ローズウォーター(大さじ1)、オレンジフラワーウォーター(大さじ1)、ラム酒(20ml)を入れて、弱火で温めます。
温かいうちにどうぞ。

ここでは、ローズウォーターとオレンジフラワーウォーターと書いていますが、ハーブティーで作ってくださいね。