元気な一日のための手作りサプリは美と健康にも

アラビアンビューティーでは、、“予防”を重視し、バランスのいい食事、適度な運動、十分な睡眠、そして不要物の排出が健康を維持するキーポイントといわれています。

美と健康のためには、食べ物がとても重要なのです。

預言者ムハンマドは、大麦には、心臓病を治し、悲嘆を解消する働きがある、と伝えています。
特に、不安や悲しみを取り除くという、「タルビーナ」と呼ばれる大麦から作る温かいスープを推奨しました。

大麦は食物繊維やビタミン、ミネラル、アミノ酸など栄養豊富。
コレステロールを減少させ、血圧を下げる効果があり、心臓病の予防に適していることが科学的に立証されています。

また、大麦に含まれるビタミンBやE、マグネシウムなどは気分の落ち込みを改善する働きがあります。

タルビーナはいまでもアラブ諸国でポピュラーなスープなのだそうです。

基本的な作り方は、大麦を牛乳で煮て、ハチミツで甘く味つけます。

レシピのひとつは次の通り。

水カップ1を鍋に入れて火にかけ、大麦粉を大さじ3加え混ぜます。
温まってとろみがついたら、牛乳カップ1を加え、さらに温めます。
最後にハチミツを入れます。

このタルビーナで顔を洗うと、汚れやシミが落ちるそうです。

オートミールのポリッジのようですね。オートミールで代用できそうです。

エジプトでは、モロヘイヤのスープが日常の食卓にたびたび登場します。

今では日本でも知られた野菜のひとつとなったモロヘイヤ。
昔は王族しか口にできない野菜だったそうで、クレオパトラも愛食していたそうです。

ビタミンが豊富で、エジプトでは葉野菜のなかで最も栄養があるといわれています。
モロヘイヤスープは風邪にも効くそうです。

エジプトの家庭では、U字型のモロヘイヤ専用包丁を持っているのが常識。

これで葉だけを細かくみじん切りします。
小さな葉が一番おいしいといわれ、面倒がらずに茎から丁寧にはずさなければなりません。
葉はみじん切りにすると、ヌルヌルとねばりがでてきます。

これを鶏肉か牛肉を煮込んで作ったスープストックに入れ、ニンニクを加えたら、モロヘイヤスープのできあがり。

さて、エジプトやモロッコには、一日を元気はつらつと過ごすためのサプルメントのような食べ物があります。

ひとつは、心身の不調が奇跡的に回復する“ファラオ王の妙薬”として知られている、ブラックシードオイルとハチミツ。
毎朝、小さじ1のブラックシードオイルにハチミツを少々加えて食べると、1日中エネルギッシュに活動できるといいます。

モロッコでは、子どもたちが大好物の「Amlou(アムルー)」。

アルガンオイルにアーモンドとハチミツを混ぜ合わせたペーストです(写真)。

作り方は簡単。

アーモンドパウダー(20g)、ハチミツ(8g)、アルガンオイル(40g)を混ぜ合わせるだけ。

ハチミツの甘さ、アーモンドとアルガンオイルの香ばしさがミックスし、パンにつけたり、ヨーグルトにかけたり。

似たように、アルガンオイルにフェネグリークを加えたペーストも。

フェネグリークは蛋白質やミネラル、ビタミン類を含み、アラブ地域の大切な栄養源。

粉末にしたフェネグリークとアーモンドパウダーに、ハチミツとアルガンオイルを加えて混ぜ合わせ、ペーストにします。

こちらも、朝食のパンに塗るなどして食べるそうです。