ビルベリー:血管を元気にして傷んだ肌も改善

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

ビルベリーは、静脈瘤などの原因となる弱った血管を引き締め、血行を促進する作用があるといわれています。

静脈瘤の改善には、ビルベリーの葉の煎じ液の湿布がいいそうです。

また、抗酸化作用にすぐれ、皮膚細胞の質を改善する働きでも知られ、ヘアケアやボディケアの多くの製品に配合されています。

肌の乾燥を防ぎ、老化を遅らせ、髪を増やして丈夫にします。
赤ら顔の解消にも適した植物とのこと。

葉をつぶして絞った汁は、皮膚を引き締める効果があります。

ビルベリーの果実をつぶして、傷口につけると、治りが早まるといわれています。


学名:Vaccinium myrtillus L.
科名:ツツジ科
別名:セイヨウスノキ
使用部位:葉、果実

開花時期:4月~8月
収穫時期:果実は7月~9月、葉は5月


特徴
ビルベリーは、横に広がる根をもつ低木。茎は20~40㎝の長さで曲がりくねり、互生する細かい切りこみの入った円形の葉をつける。花は3~6センチの長さで、2組にまとまって短い穂の形で、葉のわきに咲く。黒く丸い果実がなる。

原産と生息地
ビルベリーは野生の低木で、ヨーロッパとアジアの針葉樹やブナの林でみられる。フランスの産地でもよくみかける。

ビルベリーの保湿ローション

ビルベリーの葉は、乾燥を防ぎ、老化を遅らせ、実は、傷んだ肌を癒す働きがあるといわれています。

材料

ミネラルウォーター … 250ml
ビルベリーの葉と実 … 15g

作り方

  1. ミネラルウォーターを沸騰させます。
  2. ビルベリーの葉と実を入れて、15分煎じます。
  3. 冷めたら茶こしでこします。

使い方

1日3回、傷んだ肌につけます。

傷にビルベリーの根の湿布

ビルベリーの果実をつぶして傷口につけると、治りが早まるといわれています。
皮膚のかぶれ、切り傷、すり傷には、ビルベリーの根の温湿布を。

材料

ミネラルウォーター … 500ml
ビルベリーの根 … 15g

作り方

  1. 鍋にミネラルウォーターとビルベリーの根を入れて煮立て、20分煎じます。
  2. 火を止めて、そのまま冷まします。
  3. ひと肌ぐらいになったら、こします。

使い方

この煎じ液をコットンなどにつけて、患部に湿布します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク