ブラックカーラント:毛穴を引き締めて輝く肌に

ブラックカーラントはフランス語でカシスと呼び、北部の国が原産のユキノシタ科の植物。

4月~6月に収穫される黒い実は美味で、オレンジの4倍のビタミンCが含まれるといわれ、ミネラル類も豊富です。
また、葉はポリフェノールをたっぷり含んでいます。

カシスは、特に抗リュウマチ(抗炎症)にすぐれ、抹消血管の循環を促進し、筋肉のコリをほぐす効用でも知られます。
感染に対する抵抗力を高め、出血を補うともいわれています。

カシスの葉の煎じ液は、浄化、利尿、発汗作用があります。
さらに、収れん、消化促進、胃痛の鎮静といった働きも。

カシスの葉を生のまま傷口に湿布すると、傷の癒着が早まるといわれています。

スキンケアとしては、皮膚の炎症を抑え、リフレッシュする効果があり、毛穴を引き締め、きめを整えて、輝きのある肌を取り戻してくれます。

果肉をつぶしてパックのように顔につけると、血行が促進され、皮脂の分泌を抑えます。

カシスのアントシアニンは眼精疲労の改善します。
眼の下のクマや腫れを解消する働きにもすぐれています。


学名:Ribes nigrum L.
科名:ユキノシタ科
使用部位;葉、実、根、茎
開花時期:4月~5月
収穫時期:6月末から8月上旬


特徴
カシスは高さ1.5mほどの樹木で、茎は毛でおおわれ、非対称的な葉をつける。花の外側は緑色だが、内側はオレンジ色で、房になって咲く。黒い実(カシス)がなる。

原産と生息地
中央ヨーロッパと中央アジアが原産で、16世紀末にフランスにもたらされた。カシスの実を使用するため、ヨーロッパ中で栽培されている。

投稿記事下

シェアする