ブルーマロウ:傷んだ肌やヘアを修復して保湿

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

ブルーマロウは、保湿、鎮静、抗炎症作用で知られ、外傷から皮脂膜を保護して修復する働きがあります。

ブルーマロウの煎じ液は、スキンケア、ヘアケア、アイケア、口腔ケアで大活躍。

これをフェイスローションにすると、乾燥肌傷んだ肌を修復し、保湿します。

この煎じ液のリンスは、ドライヘアや傷んだ髪に栄養を与え、コシのある髪にします。

炎症を起こして赤くなった目は、ブルーマロウの煎じ液ですすぐと症状がやわらぎます。

マウスウォッシュとして使えば、歯肉炎と口内炎に効果的。

ブルーマロウを植物油につけこんだオイルは、ボディケアや傷の手当の手当て、日焼け後の傷んだ肌におすすめです。


学名:Malva sylvestris
科名:アオイ科
別名:ウスベニアオイ
使用部位:花、葉、根
開花時期:5月~9月初旬
収穫時期:夏


原産と生息地
かなりいたるところに生息し、特にフランス北部にみられる。

 こちらも! 

かさつく肌がしっとり潤うローションを紹介! 肌の乾燥を防ぎ、潤いを与えるモロッコ式スキンケアの基本はハーブ。ブルーマロウ、ジャーマンカモミール、ローズヒップ、マリーゴールド、リンデンといった保湿効果が高いハーブの化粧水でなめらかしっとり肌に。
パソコンや睡眠不足などで疲れた目では、表情が暗くなり、顔全体の印象も不健康になりがちです。目の疲れや炎症を解消する、ハーブを使ったケアを紹介します。ブルーマロウ、アイブライト、カモミール、アニスシードのローションや湿で生き生き魅力的な目元に。
モロッコ美容に欠かせないガスールの手作りクレイの作り方を紹介。マグネシウムなどミネラル成分が豊富で、肌に浸透しやすく、美しい肌をよみがえらせます。モロッコの女性たちは、このガスールにハーブなどを加えて、オリジナルのガスールを作っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク