ブルーマロウ:傷んだ肌やヘアを修復して保湿

ブルーマロウは、保湿、鎮静、抗炎症作用で知られ、外傷から皮脂膜を保護して修復する働きがあります。

ブルーマロウの煎じ液は、スキンケア、ヘアケア、アイケア、口腔ケアで大活躍。

これをフェイスローションにすると、乾燥肌や傷んだ肌を修復し、保湿します。

この煎じ液のリンスは、ドライヘアや傷んだ髪に栄養を与え、コシのある髪にします。

炎症を起こして赤くなった目は、ブルーマロウの煎じ液ですすぐと症状がやわらぎます。

マウスウォッシュとして使えば、歯肉炎と口内炎に効果的。

ブルーマロウを植物油につけこんだオイルは、ボディケアや傷の手当の手当て、日焼け後の傷んだ肌におすすめです。


学名:Malva sylvestris
科名:アオイ科
別名:ウスベニアオイ
使用部位:花、葉、根
開花時期:5月~9月初旬
収穫時期:夏


原産と生息地
かなりいたるところに生息し、特にフランス北部にみられる。

投稿記事下

シェアする