ゴボウ:ニキビのお手入れや育毛&フケ予防に

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

ミネラルが豊富なゴボウは、シャンプー、オイリー肌やトラブル肌用クリームなどに使用されています。

血液浄化作用にずぐれ、殺菌作用もあり、小さな炎症、湿疹、その他皮膚の不調に効果的です。

皮脂の分泌を正常化する働きでも知られ、オイリーヘアやオイリー肌に向いています。

ゴボウの煎じ液は、特に、ニキビ用のローションに使われます。

このゴボウのローションは、髪を元気にするヘアリンスとしてもすぐれています。

ドライヘアしっとりさせ、頭皮を引き締め、育毛を促進し、フケを予防します。


学名:Arctium lappa L.
科:キク科
別名:バードック(英語)
使用部位:葉、実、根
開花時期:6月~9月
収穫時期:花は開花時期、根は秋


特徴
ゴボウはキク科の二年草で、温暖な地域の森林に育つ。根が非常に強く、薬効のある精油とタンニンを含む。茎は1メートルほどの高さで硬く、葉は大きく細く、ギザギザの切りこみがある。

原産と生息地
ヨーロッパとアジアが原産で、北欧、イタリア、日本、フランス中央部、アジア、シベリア、アメリカなど世界中の温暖な地域で生息する。

ゴボウのニキビ用ローション

皮脂分泌を正常化する働きでしられるゴボウも、ニキビのお手入れに向いています。
ゴボウはまた、更年期の症状も軽減します。

材料

ゴボウ(ゴボウ茶) … 20~30g
ミネラルウォーター … 250ml

作り方

  1. ミネラルウォーターを沸騰させます。
  2. 火を弱め、ゴボウ茶を入れて、15分ほど煎じます。
  3. 火を止め、そのまま冷まします。
  4. 茶こしでこして、ゴボウを取り出し、容器にうつします。

使い方

この煎じ液を1日2回つけます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク