セイヨウグリ(西洋栗):シワを予防し肌に弾力

セイヨウグリ’西洋栗)にはさまざまな薬効があり、美容効果の高い植物と知られています。

染料としてすぐれていて、ヘアカラーの原料になります。
セイヨウグリの樹皮もしくは葉の煎じて、シャンプーに加えて日常的に使っているうちに、明るい茶色が輝く金色に、赤茶色が深みのある栗色にと、髪色が染まっていきます。

また、フケを防ぎ、髪質を丈夫にします。

スキンケアにも適していて、たるみを防ぎ、肌を元気にし、なめらかにする効果があるといわれています。
シワの形成を防ぎ、皮膚のpHバランスを正常にする働きも。

皮膚の奥深くに栄養と水分がしみこみ、炎症や皮膚の荒れや赤みを改善します。

さらに、足のタコを除去する作用もあるといわれています。


学名:Castanea sativa Mill.
科名:ブナ科
別名:チェストナッツ、マロン
使用部位:実、樹皮、葉
開花時期:5月末~8月初旬
収穫時期:実は9月~12月中旬、樹皮は春か秋


特徴
西洋栗は、立派な樹形に枝を広げた、壮麗な樹木。まっすぐ伸びた幹の樹皮は、若い時期にはなめらかだが、樹齢を重ねるとひび割れ、緑がかった茶色になる。落葉性の細長く大きな葉は、規則正しくギザギザの切りこみが入っている。花はどちらの性も直立した尾状花序で、黄色がかった雄花は小枝の根元につき、雌花はより上部の小枝の先端近くに咲く。

原産と生息地
中央アジアと地中海沿岸が原産で、古代ローマ人によってヨーロッパにもたらされ、ヨーロッパ中にひろがった。温暖で明るく、酸性か砂質の土地に自然生息する。

投稿記事下

シェアする