ヤグルマギク(コーンフラワー):目のむくみに

青紫色の花をつけるヤグルマギクは、コーンフラワーとも呼ばれ、マリー・アントワネットが好んだ花として知られています。

ヤグルマギクには、ブルーベリーなどのようにアントシアニンが含まれ、眼精疲労といった目のトラブルを緩和します。

ヤギルマギクの煎じ液での目の洗浄や湿布は、目の赤みやまぶたの腫れを減少させます。

また、抗炎症と収れん作用にすぐれ、目の下のクマを解消するのに適しています。

保湿効果もあり、この煎じ液をフェイスローションとして日常に用いると、肌がなめらかに
青白い顔色をピンクがかった生き生き肌色によみがえらせてくれるそうです。


学名:Centaurea cyanus L.
科名:キク科
別名:ヤグルマソウ(矢車草) 、コーンフラワー
使用部位:全草
開花時期:8月~9月
収穫時期:開花直前


特徴
ヤグルマギクは、グレーがかった緑色のうぶ毛におおわれた固い茎をもち、細くぎざぎざの切りこみが入った葉をつける植物。枝の先に咲く花は、美しい青色で、大きな花びらが星ように形づくる。

原産と生息地
中東が原産だが、ヨーロッパでもよく見かける。牧草地などに自然に生息する。

投稿記事下

シェアする