ユーカリ:殺菌力と傷を早く治す力で健やか肌に

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

ユーカリは、高いものでは150mにも達する樹木。
600種以上も存在し、現在よく用いられているのは、芳香性のあるごく一部の種にすぎません。

マラリアが流行する国々で生育する傾向があるといわれ、土地の水はけをよくして健康な風土を生み出すことで知られています。

すががしい香りで、殺菌、抗感染、癒着作用にすぐれ、傷ややけどを早く治します。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。ヨーグルトを材料にしたクレンジングの紹介です。乳酸菌はピーリング効果が。発酵乳の歴史は古く、古代ペルシャの女性はパックに使っていたそうです。バラの花びらやアーモンドパウダー、小麦粉とはちみつのパックなど。

ユーカリは重荷、髭剃り後のケア製品、男性用オードトワレ、デオドラント、入浴や口腔衛生製品に使用されています。

ユーカリの樹液は、ニキビや皮膚病などに効くそうで、患部に直接つけると症状がやわらぎます。
葉の煎じ液の温湿布は、樹液と同様の効果があるといわれています。

また、オイリーヘアや傷んだ髪のお手入れにも適しています。

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。オイリーヘアに向く植物を材料にしたトリートメントシャンプーの紹介です。汚れを落として皮脂バランスを整える、マリーゴールド、メリッサ、パセリなどのハーブ入りシャンプーは、ベタつく髪を軽やかなツヤ髪に。
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。ハーブを材料にした、パサつくダメージヘアを修復するヘアケアの紹介です。リンデンやタイムのリンスやオイルパック、ヘナにクローブとアルガンオイルを加えたパックなど。輝きとしなやかさがよみがえり、ツヤ髪に。

ユーカリの精油を焚いたり、ルームスプレーにしてまいたりすると、部屋が殺菌され、虫よけになります。


学名:Eucalyptus globulus L.
科名:フトモモ科
使用部位:葉、樹皮
開花時期:1年目から継続的に
収穫時期:葉は5月~9月


特徴
ユーカリはまっすぐ伸びたなめらかな幹に、グレーがかった緑色の薄い樹皮と小枝をつけた美しい樹木。黄色い小枝に楕円形の葉をつけ、クリーム色の花は房になって咲く。

原産と生息地
オーストラリアとマレーシアが原産で、現在では、ヨーロッパ、ポルトガル、北アフリカで栽培され、特にモロッコでは、紙の生産のために広大な森にユーカリが植えられている。地中海気候のような暑い地域によく育つ。

 こちらも! 

美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。皮脂をコントロールし、しっかり保湿する、ラベンダーやオレンジフラワーなどのハーブを使ったローションを紹介。毛穴を引きしめ、さっぱりしっとり肌をよみがえります。毛穴の汚れには、ハーブのスチームもおすすめ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク