亜麻:デトックスと保湿効果で潤うなめらか肌に

美容大国モロッコに伝わる、ハーブやアルガンオイル、ガスールなど天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。簡単で実用的なレシピもたくさん!

亜麻はフラックスシードとも呼ばれ、茎の繊維からリネン糸が作られます。

亜麻の種子は粘質と脂肪酸が豊富で、抗炎症作用にすぐれています。

さらに、皮膚細胞再生と保湿の効果も非常に高く、肌の古い角質を除去し、皮膚を保護するといわれています。

あらゆる種類の肌の荒れ、炎症、やけどといった肌トラブルを鎮める働きで知られ、なめらかな肌をよみがえらせます。

特に、オイリー肌ニキビ肌に適しています。

亜麻は、コスメ製品だけでなく、ヘアケアやボディケア(石けん、シャンプー、クリーム、ローション、入浴剤など)にも配合されています。

亜麻の種子から抽出した亜麻仁油は、マッサージにとても適しています。


学名:Linum usitatissimum L.
科名:アマ科
別名:フラックス
使用部位:種子
開花時期:5月~6月
収穫時期:6月~7月


特徴
亜麻はシンプルな根をもち、40~70㎝の高さになる植物。茎は円筒形で細く柔らかくまっすぐ伸び、互生する細い針状の小さな葉をたくさんつける。花は5枚の花びらからなり、スカイブルーもしくは紫がかった青で、葉のわきにまとまって咲く。実をつける。

原産と生息地
ヨーロッパとアジアの温暖な地域が原産だが、現在では、インド、ロシア、アルゼンチン、アメリカ、フランス、モロッコなど多くの国で栽培されている。起伏のある土地が適した植物。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク