乳香(ニュウコウ):最高級の香りはシワ予防も

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

アラビア半島南部が産地の乳香と没薬は、香料のなかでも最高級品でした。

古代エジプトでは、乳香は神に属すると考えられていたそうです。

紀元前15世紀、エジプトの女王は、乳香と没薬の産地へ遠征船を派遣したといい、遠征隊が乳香と没薬を持ち帰った様子は、ルクソールの神殿のレリーフに刻まれています。

古代ギリシャ・ローマでも、乳香と没薬は一級品の香料でした。

前5世紀のギリシャ人ヘロドトスのに著書『歴史』よると、バビロンのカルデア人は「ゼウス・ベロス」(バール神)の祭礼のとき、その神殿がある神域の大祭壇で、毎年1000タラントンの乳香を焚くことになっている、と記されています。

また、アラビア人はダレイオス1世の治下、ペルシャ帝国に対して毎年1000タラントンの乳香を納入している、とも書かれています。

1タラントンは26.196kg、あるいは37.44kgにあたり(前者はアッティカ単位、後者はアイギナ単位での換算による)、いずれにしても大量の乳香が消費されていたことがわかります。

乳香のアラビア語は、ミルク(牛乳)と同じ語根から派生した「ルバーン」。
その名の通り、少しヨーグルトっぽいさが加わった、濃厚なエキゾチックな香りが特徴です。

神殿の祭壇で焚かれていた乳香には、心をなごませ、平常心を取り戻す働きで知られています。

古代エジプトでは、手足の痛みを緩和する医薬品として用いられていたそうです。

乳香はスキンケアの強い味方で、特にアンチエイジング効果にすぐれています。
シワを目立たなくして若々しい素肌を作ります。


学名:Boswellia carterii
科名:カンラン科
使用部位:樹脂
別名:オリバナム、フランキンセンス


特徴
カンラン科の樹木で、樹木の幹の切り傷から滲み出る芳香樹脂は、薄黄色や黄褐色をしている。

原産と生息地
アラビア半島南部オマーンのズファール地方、イエメンのハアドラマウト地方、東アフリカのソマリア北東部に育成する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク