ヒソップ:すぐれた発汗抑制力でデオドラントに

ヒソップは希少にもかかわらず、美容業界ではかなり需要が高い植物です。

過剰発汗を抑える植物のひとつで、デオドラントや発汗抑制のクリームやシッカロールに使用されています。

香りがよく、香水の原料としても配合されます。

ヒソップは発汗作用のほかに、収れん、瘢痕形成、むくみ緩和、殺菌作用などがあります。

学名:Hyssopus officinalis L.
科名:シソ科
使用部位:花の先端
開花時期:6月~9月初旬
収穫時期:開花中

特徴
ヒソップは根元にたくさんの長い枝と葉をつける植物。非常に細い円状の緑色の葉は、茎のまわりに星型にまとまってつく。花は美しい濃い青色で、葉の上部のわきに小さな花束のようにまとまって咲く。

原産と生息地
地中海沿岸と北アフリカが原産だが、ヨーロッパや北米でも野生で育つのが普通にみられる。日当りがよく、比較的乾燥した地域に育つ。モロッコでも一部の地域で自然生息している。