アイリス:根茎オリスルートには美白効果も?

5月から6月にかけて咲くアヤメは、日本人にとってもおなじみの花ですね。
青紫のすっと伸びた姿に、初夏の訪れを感じさせてくれます。

ドイツアヤメは、英語でアイリスといい、ギリシャ語のイリスは「虹」を意味し、ギリシャ神話に登場する「虹の女神」イリスに由来します。

さまざまな地域で”神聖な花”として愛されてきたアイリス。古代エジプトでは、知恵と勇気の象徴として崇められていました。

アイリスは数種類ありますが、ジャーマン・アイリスの根茎オリスルートは、昔から香料や医薬品として用いられてきました。

モロッコは根茎オリスルートの産地として知られています。

根茎を5年ほど熟成すると、スミレの繊細な香りに似た精油が抽出されます。
このアイリスの香料は、古代ギリシャ時代から愛用されてきたそうです。

オリスルートには、吐き気や咳などを抑える働きがあるといわれています。

粉末にしたオリスルートパウダーは、白く美しい歯を保つ、歯磨き粉としても用いられます。

また、保湿作用に優れ、皮膚の乾燥を防ぎ、潤いのある若々しい肌にしてくれます。
特に、敏感肌に適し、皮膚の炎症を鎮める働きでも知られています。

数年前の研究で、オリスルートから抽出したアイリスの精油に、メラニン生成抑制効果があるのが発見されました。

日本で市販されているオリスルートパウダーは主にポプリの保留剤用。
手作りコスメには適さないので、注意しましょう。


学名:Iris germanica
科名:アヤメ科
使用部位:根茎
開花時期:5~6月
収穫時期:秋


特徴
アイリスは地下に根茎をつける多年草。剣形の葉が根生し、茎に跨状に互生し、1つ、もしくは多数の花をつける。

原産と生息地
中央ヨーロッパ、地中海沿岸、西アジア、北アフリカが原産といわれている。

投稿記事下

シェアする