ラベンダー:オイリーヘアを美しく保つリンスに

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

ラベンダーは、エジプト、古代ギリシャ、古代ローマでもすでに、入浴をはじめ、さまざまな目的で使用されていました。

皮膚を洗浄し、毛穴の汚れを落とし、皮膚細胞を引き締める働きがあり、特にオイリー肌ニキビ肌、ノーマル肌に向いています。

オイリーヘア傷んだ髪、フケ症のお手入れにもおすすめです。

ラベンダーの煎じ液は入浴剤としても利用できます。
煎じ液を入れた湯で入浴は、身体をリラックスさせ、元気にしてくれます。

ラベンダーの繊細な香りは人気で、石けん、クリーム、シャンプー、入浴剤などの香りづけにとてもよく使われます。
香水やオーデコロンとしても多くの人に好まれています。


学名:Lavandula officinalis L.
科名:シソ科
使用部位:花
開花時期:6月~8月
収穫時期:夏、開花中


原産と生産地
地中海沿岸とフランスのプロヴァンスが原産だが、現在では世界中で栽培されている。石灰質の土地の日照時間の多い地域が生育に適している。

 こちらも! 

オイリーヘアがさらさらに! ベタつく髪を軽やかなツヤ髪にするヘアケアを紹介。オイリーヘアに向くハーブやアルガンオイルなどを使ったリンスはシャンプーの後に。ヘンナと卵黄入りのガスールパックは、汚れを落として皮脂バランスを整える脂性ヘアの強い味方。
モロッコ美容に欠かせないガスールの手作りクレイの作り方を紹介。マグネシウムなどミネラル成分が豊富で、肌に浸透しやすく、美しい肌をよみがえらせます。モロッコの女性たちは、このガスールにハーブなどを加えて、オリジナルのガスールを作っています。
オイリー肌であっても、水分補給は大切です。皮脂をコントロールし、しっかり保湿する、ラベンダーやオレンジフラワーなどのハーブを使ったローションを紹介。毛穴を引きしめ、さっぱりしっとり肌をよみがえります。毛穴の汚れには、ハーブのスチームもおすすめ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク