メロン:ジューシー果物で乾燥肌がしっとり潤う

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

メロンはイランが原産地といわれ、紀元前5世紀にはすでに、エジプトで栽培されていたそうです。

果肉の色は、白、オレンジ、黄色とさまざまで、数十もの異なる種類が存在します。

果汁たっぷりのメロンは、喉の渇きにうれしい果物。

それだけでなく、メロンは食物繊維が豊富で、下剤として用いるなど、アラブ地域では伝統的な医薬品とみなされてきました。

ビタミンA(カロチン)とビタミンCを含むメロンは、抗酸化作用、傷の癒着作用、鎮静作用があります。

美容効果も高く、特に、大気汚染や悪天候による乾燥肌の水分補給に最適です。

日焼け後のお手入れにも向いています。

チュニジアの女性たちは、スペイン産メロンの果肉をつぶしたて顔につけ、乾いたら洗い流すというパックをして、水分補給するそうです。


学名:Cucumis melo L.
科名:ウリ科
使用部位:果実
開花時期:6月
収穫時期:8月ごろ


特徴
メロンは一年草で、黄色の花が咲いた後、球状またはラグビーボール状などの果実をつける。

原産と生息地
メロンはイランが原産地といわれるが、現在は、世界中で栽培されている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク