オウシュウヨモギ:疲れを癒し元気になる入浴剤

オウシュウヨモギは、英語では一般にマグワートと呼ばれ、日本でもおなじみの植物ヨモギの仲間と考えることができます。

すがすがしい強い香りをもつオウシュウヨモギは、鎮静効果と収れん効果があり、美容関係の製品としては、特に入浴剤として使われています。

オウシュウヨモギには、血行を良くし、器官を刺激して疲れを癒し、元気を取り戻す働きがあるといわれ、湯船に浮かべたり、煎じ液をお湯に加えたりして、入浴剤として用いられます。

また、オウシュウヨモギの煎じ液は、皮膚の赤みや炎症を鎮める効果があります。

ヘアケアにもすぐれ、煎じ液のリンスは、髪をなめらかにし、頭皮を引き締めます。

オウシュウヨモギから抽出した精油は、香水やオードトワレに加えられます。


学名:Artemisia vulgaris L.
科名:ヨモギ科
別名:マグワート、セントジョンズプラントなど
使用部位:葉、花、根
開花時期:6月~9月
収穫時期」6月~7月、根は10月


特徴
オウシュウヨモギは、すらりとした円筒形の茎の、軟毛でおおわれた、緑がかった草本植物。高さは1メートルほどに達する。ふちがギザギザになった葉は黄色からパープル色のさまざまな色で、うぶ毛におおわれた小さな頭状花が穂の形で花をつける。

原産と生息地
中央アジアと南ヨーロッパが原産のオウシュウヨモギは、不毛で粘土質の荒れた地で育ち、林間の空き地、長い小川、生け垣にみられる。北アフリカにも実際に存在する。

投稿記事下

シェアする