没薬(ミルラ):高貴な香りでアンチエイジング

美容大国モロッコに伝わる天然素材を使った手作りコスメを紹介しています。
簡単で実用的なレシピもたくさん!

キリスト誕生の際、東方からの3人の賢者が供物として持参したのは、アラブの高級香料の乳香と没薬、そしてもうひとつは黄金。

乳香や没薬は、黄金と同じぐらい価値の高い香りだったのです。

没薬のアラビア語は、「苦さ、辛さ」の意味を持つムッル。

カンラン科の樹木の樹脂で、燻した木とスパイスがまざったような印象的な香りです。

没薬には、殺菌、抗炎症、瘢痕形成、通経、健胃、防腐など多くの効能があり、薬用として珍重されていたといいます。

古代エジプト人は没薬を中心とする香料を、死体の悪臭を消す清浄剤、また腐敗を防ぐ防腐剤として使用していたそうです。

また、エジプト人は没薬で軟膏を作っていました。特に、浸出性の湿疹に効果的です。

止血効果があるためか、戦場に持参したともいわれています。

皮膚を保護して組織の変質を食い止め、老化を遅くするなど、スキンケアにも適しています。

さらに、没薬には気持ちを明るく高揚させる働きがあり、やる気を失って無気力なときに有効です。


学名:Commiphora myrrha
科名:カンラン科
使用部位:樹脂
別名:ミルラ


特徴
カンラン科の樹木。芳香ゴム樹脂は、乳香よりも濃い黄褐色か赤褐色をしている。

原産と生息地
アラビア半島の西南部、イエメンのアデンとモカから奥地の限られた山岳地帯と、ソマリア北西部で育つ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク